« 〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 ゴアレーベン搬入阻止闘争 本番始まる 日本人も線路に座り込み | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 脱原発訴えパレード 青梅から福生まで 「子ども守ろう」(ツイッターの声も) »

2011-11-27

〔フクシマ・東京新聞・朝刊1面・コラム「筆洗」〕 「通販生活」幻の「原発国民投票」CM

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011112702000040.html

 俳優の大滝秀治さんのナレーションが、とても味わい深く響く。<原発、いつ、やめるのか、それとも いつ、再開するのか。それを決めるのは、電力会社でも 役所でも 政治家でもなくて、私たち 国民一人一人。通販生活秋冬号の巻頭特集は、原発国民投票>

 ▼声と字幕だけの短いテレビCMが今、話題になっている。「通販生活」を発刊しているカタログハウスがテレビ朝日の夜の番組で流そうとしたが、拒否され幻になったCMだ

 ▼原発をこれからどうするのか。政府や官僚任せではなく国民投票をして決めよう-。そんな特集の記事を宣伝する「商品広告」とカタログハウス側は考えていた。どこかタブーに触れたのだろうか

 ▼テレビ朝日側は「民放連の放送基準などに則(のっと)った当社の基準をもとに考査、判断している」と説明。個別のCMの判断については「お答えしておりません」という

 ▼原発の是非を国民投票で決めようという市民運動が広がっている。ただ政治家の関心は鈍く、批判的な声すらある。そこには、理性的な判断は国民にできない、という蔑視が潜んでいるように思える

 ▼原発稼働の是非を問う住民投票条例の制定を求める署名活動が、来月から東京都と大阪市で始まる。電力消費地の住民が自らの問題として受け止めようという思いから始まった。主権者が意思を示す第一歩に注目している。

 ◎ 首都圏は東京新聞を購読しよう! 地方の人は地元の公共図書館にリクエストを出そう!

Posted by 大沼安史 at 10:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・東京新聞・朝刊1面・コラム「筆洗」〕 「通販生活」幻の「原発国民投票」CM: