« 〔フクシマ・NEWS〕 全米アカデミー紀要電子版(PNAS)論文 オホーツク海・日本海も汚染! 道東、道北の土壌にも! 中国・四国の山間部にも降下  | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 原発コスト 異論次々 »

2011-11-16

〔フクシマ・NEWS〕 筑波大・日大研究チームが核種別の汚染状況を解析 全米科学アカデミー紀要電子版(PNAS)で発表 飯舘・中通で全核種 3・15 3.21の雨雲は「見えない雲」だった!

 
 筑波大学と日大の合同研究チームがフクイチ放出の放射性物質の核種別汚染状況を解析した論文を、マップ付きでPNASに発表した。

 Iodine-131、Tellurium-129m、Cesium-134、Cesium-136、Cesium-137の汚染状況 及び129mTe/137Cs activity ratio 131I/137Cs activity ratio 129mTe/131I activity ratio が視覚化され、マップで表示されている。2頁目参照。

 飯舘村と中通地方ではとくに、測定・検出したすべての核種が確認できたという。

 ところで論文を読んで、心に残ったことは、2回にわたる降雨が決定的だったのだな、ということである。

 福島北部に、3月15日午後5時から16日午前4時から降った雨と、同21日午前8時かた23日午前6時まで、茨城・千葉・栃木・埼玉・東京に降った雨。

 ラグランジアン統合拡散モデルを使った研究チームの解析によると、フクイチから放出された「見えない雲」は、3月15日午後5時現在、福島の上空1000m内に留まり、同21日午前11時には茨城・千葉上空にあった。

運命の黒い雨!

 
 During the major radionuclide emission periods from the accident in March 2011, two rainfall events took place over central-eastern Japan.
  It is well-known that most aerosols and water-soluble gases are washed out by a ainfall (1–3). According to the automated meteorological data acquisition system (AMe-DAS) (http://www.jma.go.jp/jma/indexe.html), continual rainfall occurred between 1700 hours on March 15 and 0400 hours on March 16 in northern Fukushima prefecture and between 0800 hours on March 21 and 0600 hours on March 23 in Ibaraki, Chiba,Tochigi, and Saitama prefectures and in Tokyo .

  Based on a simulation using the hybrid single particle Lagrangian integrated trajectory model, version 4.9 (HYSPLIT) with meteorological data from the global data assimilation system (4), the air parcel from the Fukushima No. 1 nuclear power plant, with an altitude of 0–1,000 m, stayed in Fukushima at 1700 hours on March 15 and in Ibaraki and Chiba at 1100 hours on March 21.

Posted by 大沼安史 at 09:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 筑波大・日大研究チームが核種別の汚染状況を解析 全米科学アカデミー紀要電子版(PNAS)で発表 飯舘・中通で全核種 3・15 3.21の雨雲は「見えない雲」だった!: