« [フクシマ・NEWS] 吉田所長 「何度も死を覚悟」「間もなく死ぬんだな、と思った」 ブルームバーグが全世界報道 | トップページ | [フクシマ・NEWS] 「東日本女子駅伝」福島4位 チーム絆もがんばる »

2011-11-14

[フクシマ・NEWS] 「ベントのため、原子炉建屋に入り、トーラス(足場)に足をかけたところ、瞬時に靴の裏がずるっと溶けた」作業員の証言 明らかに

 電気新聞 故直後「瞬時に靴溶けた」 福島第一作業員が証言 → http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20111114_01.html

 ベントで原子炉建屋に入ったら、瞬時に靴の裏が溶けた--。東京電力福島第一原子力発電所の事故発生直後、対応に当たった作業員の証言の一端が明らかになった。現場作業員の詳細な証言が公になるのは初めて。証言では余震に伴う退避や水たまりでの作業による感電への恐怖なども語られ、厳しい状況の中で復旧作業が行われたことが浮き彫りになった。

 東京電力の相澤善吾副社長・原子力・立地本部長が4日、東京大学で開かれた「第3回東大エネルギー・環境シンポジウム」で紹介した。

 ……1~3号機で試みられた格納容器ベントの現場状況も明らかになった。通常であれば、ベントは中央操作室からの操作が可能だが、当時の福島第一原子力発電所は電源を失っていたため、作業員が現場に赴いて弁を動かす必要に迫られた。

 だが、原子炉内は燃料露出により高温にさらされていた。「ベントのため、原子炉建屋に入り、トーラス(足場)に足をかけたところ、瞬時に靴の裏がずるっと溶けた」という作業員の証言は、その異常さを物語っている。

Posted by 大沼安史 at 08:29 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [フクシマ・NEWS] 「ベントのため、原子炉建屋に入り、トーラス(足場)に足をかけたところ、瞬時に靴の裏がずるっと溶けた」作業員の証言 明らかに: