« 〔フクシマ・注目ブログ〕 文科省が「放射線量低く見せろ」 要求に応じず解約になったオンライン線量計 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 死の灰は宮城の震災・津波被災地のがれきの上にも、やはり大量に降り積もっていた! 焼却灰、基準超す恐れも 宮城県のがれき放射性物質 »

2011-11-26

〔フクシマ・飯舘村ルポ〕 「新天地を求める会」 「新飯舘村の建設」を目指す署名活動開始!

 JBPRESS 前田せいめい さん → http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/30405

 ……有志(新天地を求める会)が「新飯舘村の建設を目指す署名」活動を18日に始めた。この中で以下3点が提案されている。

 ● 村の除染計画は住民投票に持ち込み全面撤回を求める。

 ● 安全安心な地の提供を国に求め自治権を持った新飯舘村を建設して移住する。勿論個別に他所への移住は自由。

 ● 新飯舘村建設、移住の原資を捻出する為に飯舘村に福島県の除染廃土の中間処分場の設置を認める苦渋の選択と引き換えに村民所有不動産の国による買い取り借り上げを求める。事情によっては核廃棄物最終処分場も受け入れも排除しない。

 これを、と手渡されて一瞬ことばを失った。

 「核廃棄物最終処分場も受け入れも排除しない」

 村が提示した「除染計画」は多くの住民が信用していないという。しかし除染しなくても30年経てば放射線量は半減し、さらに30年経てばもとの4分の1に減少すると言われている。ここに村が残っていさえすれば、もしかしたらまた、ここに戻ってこられるかもしれない。

 核廃棄物最終処分場を受け入れるということは、そんな一縷の望みを自ら断ち切ることにほかならないからだ。

「核廃棄物最終処分場受け入れも排除しない」

 地域エゴで仮置き場を受け入れないと言っているのではないと2010年に飯舘村にIターン移住した伊藤延由さんは言う。……

Posted by 大沼安史 at 10:38 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・飯舘村ルポ〕 「新天地を求める会」 「新飯舘村の建設」を目指す署名活動開始!: