« 〔フクシマ・論文(英語)〕 バンクーバー「平和哲学センター」乗松聡子さん Fukushima and Okinawa - the "Abandoned People," and Civic Empowerment (福島と沖縄――「棄民」政策と、市民の力 ) | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 「ウクライナ基準を」 水戸の「守る会」給食食材で市長に要望 »

2011-11-19

〔フクシマ・ブログ〕 福島中央テレビが震災後4日間の報道を検証――1号機・3号機の爆発映像の使用を「最小限にとどめようと決めた」

 「ほんとうのことが知りたい! -原発事故発表・報道のウソ」→ http://johosousa.blogspot.com/2011/11/iia91.html

 2011年9月11日、福島中央テレビは、『原発水素爆発 わたしたちはどう伝えたか?』という、震災後4日間の報道の検証を放送した。

 その中で、報道部長が、「被災した人たちの気持ちを考えて、この映像の使用を数日たってからは使用を最小限にしようと決め」た、と述べている。

 これは、報道部長が「インターネット上などでは、なんらかの圧力があって、放送しないのではと憶測を生」んだと語っているように、「情報隠蔽」の批判に応えるために制作したと思われる。

 だが、報道部長の「使用を最小限にしようと決め」たという証言からすると、(外からの圧力でなく、自主規制だったとしても)やはり意図的に映像の放送を控えたことに変わりはない。……

Posted by 大沼安史 at 12:10 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ブログ〕 福島中央テレビが震災後4日間の報道を検証――1号機・3号機の爆発映像の使用を「最小限にとどめようと決めた」: