« 〔フクシマ・ツイッター〕 prometheus2054 prometheus 何で東電には血税で救済し個人には数千万の処分費用要求してるの?本当に個人へのイジメは徹底して行い、権力者には何もしない猿の惑星の日本 #genpatsu 11月16日 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 放射性物質、海に半分以上 約10日で地球一周、気象研 »

2011-11-17

〔フクシマ・記録〕 福島市産米から630ベクレル検出

◇ 毎日新聞 福島市・大波地区のコメ、630ベクレル検出 政府、出荷停止検討 
   → http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111117ddm001040045000c.html

 ◇ 毎日新聞 福島市・大波地区のコメ、630ベクレル検出 政府、出荷停止検討 
   → http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111117ddm001040045000c.html

 福島県は16日、福島市大波地区産のコシヒカリ(玄米)から暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム630ベクレルを検出したと発表した。コメの暫定規制値超過は全国初。政府は同地区のコメを出荷停止にする検討を始めた。

 県は同日、大波地区の稲作農家154戸に出荷自粛を要請。厚生労働省は県に、同地区や周辺で収穫したコメのサンプル検査の強化と、流通したコメの追跡調査を要請した。

 県や市によると、今月14日、地区内の一農家が自宅で消費するために保管していたコメの安全性を確かめようとJAに持ち込み、簡易測定器で測定。高い数値が出たためJAが福島市に連絡し、県で詳しく検査した結果、玄米で630ベクレル、白米で300ベクレルを検出した。農家はこのコメの出荷も予定していたが、まだ市場には出回っていないという。

 大波地区は東京電力福島第1原発から約60キロ離れた中山間地で、154戸の稲作農家がある。原発事故による放射線量が比較的高く、福島市は10月18日から地区の全世帯を対象に、本格的な除染作業を進めている。この農家の水田はくぼ地にあり、沢水を使っているといい、周囲の放射性物質が蓄積された可能性があるとみられる。コメは収穫後に天日干ししていたが、市は「セシウムの濃度が高かったこととは関係がない」としている。

 原発事故を受け、政府は17都県を対象にサンプルを抽出する方法で収穫前の予備検査と収穫期の本検査を実施。大波地区では9~10月に予備検査を1地点、本検査を2地点で行い、検出値は28~136ベクレルだった。県内すべての検査が終了し、佐藤雄平知事は10月12日、県産米の「安全宣言」をしていた。厚労省監視安全課は「なぜ今ごろ規制値を超えるコメが出るのか。消費者の信頼を得るには、いったん出荷停止とし原因を究明する必要がある」と話している。2011年11月17日 東京朝刊

 ◇ 毎日新聞  「国の検査、何だった」 農家に動揺広がる → http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111117ddm041040198000c.html

 「国の検査は一体何だったのか」。暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超えるコメの放射性セシウム汚染が初めて福島市で判明した16日、産地に動揺が広がった。農林水産省は収穫前後のダブルチェックで「汚染米は出さない」と自信を見せてきたが、検査態勢が十分だったのか改めて問われそうだ。……

  
 ◇ 河北新報 → http://www.kahoku.co.jp/news/2011/11/20111117t61009.htm

 ……福島県産のコメから基準値を超える放射性セシウムが検出されたのは、二本松市小浜地区の農家(玄米1キログラム当たり500ベクレル)に次いで2件目。
 

Posted by 大沼安史 at 10:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・記録〕 福島市産米から630ベクレル検出: