« 〔★フクシマ・重要ブログ〕 その時、大熊町で何が! 「福島情報 1号機水素爆発――住民には知らせず逃げた町議会の人々」 | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター〕 家に飛び込んで来た電気はもはや東電のものではない。電気代、払う必要なくなるはず。 »

2011-11-25

〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 ラアーグからゴアレーベンへ 高レベル核廃棄物搬入問題(第2報)メッチンゲンで前哨戦

 → http://tkajimura.blogspot.com/2011/11/blog-post_25.html

 ◇ マップ・写真も梶村さんブログ報告より

 ……以下の図面の東側にあるヴェントランド(ゴアレーベン一帯の地域)のメッチンゲン

Castor_infokarte

(Metzingen)に24日午後に次第に集まり出した全国からのデモ隊と警察官との間に衝突がありました。

 地図の解説です。これは阻止闘争の最終地の見取り図です。

 

 輸送列車は鉄道の終点のダンネンベルク駅に到着し、そこにはキャスクをクレーンで大型トラックに積み替える施設かあります(中央のVerladekran)。

 そこから図面右のゴアレーベン村(Gorleben)郊外の中間保管施設(Zwischenlager)まで運ばれます。

 この最終場面ではしたがってダンネンベルクまでの鉄道線路とそれからは道路が主戦場になります。

 阻止運動側は各地にキャンプを設営し、非暴力直接行動の占拠行動に出かけます。

 本日24日の段階ではまずは鉄道に近いメッチンゲンにキャンプ設営に集まったわけです。

Wasserwerfer_metzingen_f

 報道によれば1500人が集まりましたが、夕刻から警察 と衝突し放水車、催涙弾、警棒の行使でデモ側に20名、警察側に7名の負傷者が出たと報道されています。これはあまり良い徴候ではありません。

 その後、警察は引き揚げ、同地ではキャンプ設営が進んでいるとのことです。最初の陣取り合戦です。……

Posted by 大沼安史 at 11:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 ラアーグからゴアレーベンへ 高レベル核廃棄物搬入問題(第2報)メッチンゲンで前哨戦: