« 〔フクシマ・NEWS〕 沖縄でもセシウム検出 文科省、汚染地図作製へ (ストロンチウムは?……) | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 阿武隈川河口(宮城県岩沼市)で放射性セシウム 一日あたり525億ベクレル ことし8月 (月間トータルでは1兆6275億ベクレル 525×31) 京大・筑波大の調査で判明 上流の伊達市では1日1763億ベクレル(月間同 5兆4653億ベクレル)にも  »

2011-11-26

〔フクシマ・NEWS〕 「責任を放棄した原子力安全委員会は直ちに(全員)交代せよ」 児玉龍彦・東大教授が痛烈批判! 低線量被曝部会で 「住民に信頼される清新な専門委員会を」

 時事通信 → http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011112500964

 東京電力福島第1原発事故で、放射性物質による低線量被ばくのリスク管理について議論する政府の作業部会の第4回会合が25日、東京・霞が関で開かれた。専門家として招かれた児玉龍彦東京大先端科学技術研究センター教授が「今の原子力安全委員会は直ちに交代するべきだ。住民に信頼される専門委員会を作ってほしい」と訴えた。
 児玉教授は、文部科学省が運用する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の結果がすぐに公表されなかったことや、炉心溶融(メルトダウン)の発表が遅れたことを批判。「原子力安全委が責任を放棄した」と指摘し、「国民から信頼される官庁を再建するには、これまでの原子力政策に関与していない清新な委員会が必須」と強調した。(2011/11/25)

◎ 大沼 文科省や経産省の「原発戦犯」も全員、交代すべきだろう。

Posted by 大沼安史 at 09:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 「責任を放棄した原子力安全委員会は直ちに(全員)交代せよ」 児玉龍彦・東大教授が痛烈批判! 低線量被曝部会で 「住民に信頼される清新な専門委員会を」: