« 〔フクシマ・ブログ〕 北海道東部の土壌汚染は実際にはどれくらいあるのか? | トップページ | 〔フクシマ・歌〕 6歳のレゲエシンガー  RAIOくん 反原発ソング 「BLACK MILK」! »

2011-11-22

〔フクシマ・小出裕章さん〕 「もんじゅ」の維持費が異常に高い理由と、世界の高速増殖炉の失敗の歴史

 ◇ 21日(月)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」で。
 非公式まとめ → http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/11/22/tanemaki-nov21/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
 文字起こし → http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65776686.html

Koidethumbnail2_normal

 小出「ただ、そ、えー……実際には、原子力の燃料であるウランというのは、たいへん貧弱な資源で、すぐに無くなってしまうものだった、のです。それで、原子力を推進する人たちは、ウランだけではどうせ駄目なので、え……プルトニウムという物質をつくりだして、それを原子力の燃料にする以外にないというふうに、考えつきました」

 水野「ほおー」

 小出「はい。で……ただしプルトニウムという物質は、地球上には全くありませんので、高速増殖炉、いわゆるまあ「もんじゅ」という原子炉……のまあ大型のものを沢山作って、プルトニウムを作り出して原子力を何とかエネルギー源にしたいと思った、のです」

 水野「はい」

 小出「それで、そのためにはまあどうしてもそのプルト……あの、『もんじゅ』のような形の原子力が要ると、いうふうにもう1940年代からみんなが気がついていて、その開発に着手したのだ…ですけれども。」

 水野「はあ」

 小出「結局できない、まま今日まで来てしまった……」

 水野「40年経って成果はない、お金は1兆円かけてる」

 小出「はい」

 水野「なんか稼動してから17年間で動いた日がたった二百数十日間って。」

 小出「はい」

 水野「17年間動かしたけど1年分も動けてないっていうんですね」

 小出「はい。1キロワット・アワーの発電もしておりません

 平野「(笑)」

 …………

 小出「はい(苦笑)。まあ、え……。今水野さん40年掛けてとおっしゃったけど、動き始めたのは1994年なのです。」

 水野「あ、そうか。17年間ですね」

 小出「はい。それで、……95年の12月にですね。いざ、発電をしようかと、思って、少し出力をあげようとしたとたんに事故を起こしました」

 水野「はあー……」

 小出「それで結局、何の発電もできないまま止まってしまいまして。えー14年以上止まったままだったのですが」

 水野「止まったままだったんだけど」

 小出「はい」

 水野「止まってる時にも、」

 小出「はい」

 水野「停止しているときにも維持費が年間二百数十億円かかると」

 小出「そうです」

 水野「そんなに掛かるんですか(笑)。止まってても?」

 小出「はい」

 平野「これ先生、なんでこんな、あの、巨額なお金がかかるんですか? あのーとまってて……維持するために」

 小出「ええっとですね。もんじゅ、というか高速増殖炉という原子炉は、原子炉を冷却するための冷却材として水が使えないのです。あの、宿命、物理学的な宿命があって。もんじゅの場合にはナトリウムという物質を使っているのですが。ナトリウムは70度をよりもっと、冷たくなってしまうと固体になってしまう、のです。そうするとポンプで流すことも出来ませんし、冷やすこともできないし。え……固体になってしまうと体積が変わってしまいますので、原子炉の構造自身が、(苦笑)壊れてしまうということになりますので。もう四六時中あっため続けなければいけない。」

 水野「はあー……」

 小出「そのためにまぁ、もともと『もんじゅ』は発電のための原子炉、なんですけれども。自分では発電できませんし、あってめ、あっためるためには電熱器が要るということで、膨大な電気を使いながら

 平野「はははは……(声を忍ばせて笑う)」

 小出「ただただ、ナトリウムをあっためるという仕事をずっとしてきました」

 平野「うーん……」

 水野「電気つくらず電気使い続けてきたんですね……」

 小出「そうです」

 …………

 小出「そうです。でも、皆さん考えていただきたいのですが。家庭で14年間も使わないまま、置いておいた電気製品を、もう一度使おうという気が起きるでしょうか(苦笑)」

 水野「いやそらこわいですわ……」

 小出「はい。普通は(苦笑)起きないと思うのですが。えー日本の国は、国というか文部科学省なんでしょうか。何としても、もんぶ……もんじゅを動かすと言って、やろうとしたのですね。やろうとした途端にまた事故を起こしまして、また止まってしまったというのが現在です」

 水野「はあ……。今回の政策仕分けでお金の話ばっかりが出てきてますけど。この『もんじゅ』の高速増殖炉というものの危険性っていうのはどうなんでしょう?」

 小出「え……もんじゅという原子炉はもともと燃料がプルトニウムという物質なん、ですね。プルトニウムという物質は人類が遭遇したうちで、最悪の毒物と言われるほど、危険な毒物でして。100万分の1グラムを吸い込んだら人間一人が肺癌で死ぬというそれほどの毒物なのです」

 水野「100『万』分の1グラム」

 小出「そうです。」

 水野「を吸い込むだけで」

 小出「はい」

 水野「死んでしまうぐらいの毒物」

 小出「はい。それを何十トンも原子炉の中に入れて動かすというのが『もんじゅ』という原子炉で。まあ、なん、なんと表現していいかわからないほど、巨大な危険、巨大な危険を抱えたものです」

 平野「先生これ外国ではもう、見送られてるというか、もう手をつけてはならない技術だとされてるという風に聞いてるんですけども」

 小出「はい。もともと、あのー、原子力を一番初めにやり出したのは、米国なわけですけども。世界で一番初めに電気を発電した、えー原子炉というのは、実は高速増殖炉、なんです」

 水野「へえー」

 小出「で、EBR2(イービーアールツー)という原子炉で、1954年から動いたのですが。すぐ、まあ、発電はしました。ただすぐに事故を起こして止まってしまいまして。えーそれ以降その米国はなんとか高速増殖炉を動かしたいとしてたくさんの原子炉を作ったんですが。全て、あの、事故を起こして停止してしまって。米国は高速増殖炉計画から撤退しました」

 平野「ふーん……」

 小出「で……イギリス、フランス、ロシアがまた追随、追随してやろうと、してきてですね。一番頑張ったのがフランスだった、のです。え……出力が120万キロワットというような巨大な高速増殖炉、それあの、スーパーフェニックスと言うんですね。え……フェニックスというのは不死鳥ですけれども、超不死鳥というような原子炉までつくってみたのですけれども。え……殆ど動かないままそれも潰れてしまうということになって。今現在は、ほとんどすべての高速増殖炉は、潰れてしまって動いて、いません。え、今中国がまたやろうとかですね、インドが全く別の高速増殖炉をやろうという話もありますけれども、もう基本的にはできないと思っていただくのが一番いいと思います」

 水野「へえー」

 平野「まあ各別日本が、その、もんじゅにしがみついてるという背景には、やっぱりこう、そのー、既得権益と言うんですかねえ、原子力を推進しようとする人たちの、おー、まあ利権構造の中でもうずっと残っているというだけのことなんですね、じゃあ」

 小出「はい。多分それは、あの、平野さんおっしゃるようにものすごい、強力な動機だと思いますが。もう1つの動機というのは高速増殖炉という原子炉をもし、少しでも動かすことが出来ると、エネルギー源になるかどうかは別として。超優秀な核兵器材料が作れるというそういう性質を持っています

 平野「ふーん」

 水野「はあああー! 核兵器の材料に」

 平野「うーんまあですから、これあの、まあ、その自民党政権のいわゆる国家主義的な人たちが、あのー支持してた政策ではあるんですね、長年」

 小出「そうですね。もちろんです。一番初めから、あの、それを狙ってやろうとしてきたというものです」

 水野「はあーん。でも核のゴミのいうたら再利用でしょ、これ。リサイクルできひんということになったら、もうホンマに行き詰まっちゃいますやん、ねえ」

 小出「はいそうです。それをまあ、なんとかその、糊塗したいと思ってきたのだと思いますが。要するに高速増殖炉さえ動けばなんとかなるということを、夢見てきたんだろうと思います。」……

Posted by 大沼安史 at 10:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・小出裕章さん〕 「もんじゅ」の維持費が異常に高い理由と、世界の高速増殖炉の失敗の歴史: