« 〔みえない雲・警報〕 スイス気象台によると、本日(20日 日曜日)は午前中、茨城・千葉房総部の沿岸に上陸するが、その後は太平洋上へ流れる。 | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 2号機 地震の揺れで早期に損傷か 専門家が解析 »

2011-11-20

〔フクシマ・東京新聞〕 反原発の記事 中傷 エネ庁への報告 詳細判明 「低俗な社説」「勝手な反対派を勇気づけるだけ」情報公開請求で入手

 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011112090071559.html

  経済産業省資源エネルギー庁(エネ庁)がメディアの原発報道を監視してきた問題で、チェックされた報道の詳細が、本紙が情報公開請求で入手した同庁資料で分かった。エネ庁は事業の趣旨を「不正確な報道の是正」と説明してきたが、事実関係が正しいかどうかにかかわらず原発の推進に反する記事が収集され、「低俗な社説」「勝手な反対派を勇気づけるだけ」などと中傷されていた。

 資料によると、二〇〇八~一〇年度までの三年間で新聞や週刊誌の記事計二百七十五件が「不正確」として報告された。事業は外部委託で行われ、各年度とも異なる財団法人が受注しており、いずれも電力関係者らが役員を務めている。

 報告記事は、原発に関する日々のニュースを伝える一般記事のほか、社説、読者投稿、広告まで及び、漫画も含まれていた。

 地球温暖化対策として原発推進に言及した環境相に苦言を呈した二〇〇九年九月三十日の南日本新聞の社説に対しては「このような幼稚な社説を掲載する論説委員の質が問われる」と指摘。原発反対を訴え徒歩で旅をする男性を取り上げた同年四月十四日の佐賀新聞の記事には「目立ちたがりの行動をなぜ写真入り、三段抜きで報道するのか。勝手な反対派を勇気づけるだけで、社会の大多数のための政策の推進を阻害する」と報告した。……

Posted by 大沼安史 at 10:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・東京新聞〕 反原発の記事 中傷 エネ庁への報告 詳細判明 「低俗な社説」「勝手な反対派を勇気づけるだけ」情報公開請求で入手: