« 〔フクシマ・東京新聞〕 細野原発相 「中間」施設、(恒久的?)研究拠点に | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 セシウム杉花粉 移行 1/10 来春の飛散「心配なし」……とNHK「あさイチ」のために、「福島の食事は安全です」という結果を「分析装置の調整に不備」で出してしまった首都大学東京・福士政広教授が指摘 »

2011-11-28

〔フクシマ・毎日新聞〕 08年に想定を超える津波の可能性を示す評価 東電本店は対策指示せず 「原子力・立地本部」の上層部が、下部組織である担当の「原子力設備管理部」の「判断」を「了承」! 

 → http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20111128k0000m040140000c.html

 ◎ この「毎日」の記事は、「原子力設備管理部」の当時の部長は、現フクイチ所長の吉田昌郎氏だった、と指摘している。

 この問題を「毎日」にリークした「東電関係者」とは一体誰なのだろう?

 現場の吉田氏に「責任」をなすりつける「悪意」が感じられる。

 責任者は「担当部の部長」ではなく、その部を管理する「原子力・立地本部」の「上層部」の責任者である。それが誰なのか?――「毎日」はそれを書かねばならない!

               ◇

 2008年に東京電力社内で、福島第1原発に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、原発設備を統括する本店の原子力設備管理部が、現実には「あり得ない」と判断して動かず、建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかったことが27日、分かった。東電関係者が明らかにした。

 東電関係者によると、社内研究の成果である新たな津波評価を受け、原子力・立地本部の幹部らが対応策を検討した。その際、設備を主管する原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。評価結果は学術的な性格が強く、深刻に受け取る必要はないとの判断だったという。同本部の上層部もこれを了承した。

 原子力設備管理部は、06年に発覚したデータ改ざんの再発防止のため実施した07年4月の機構改革で「設備の中長期的な課題への計画的な対応や設備管理の統括をする」として新設された。部長は発足時から昨年6月まで吉田昌郎現福島第1原発所長が務めた。

Posted by 大沼安史 at 10:40 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・毎日新聞〕 08年に想定を超える津波の可能性を示す評価 東電本店は対策指示せず 「原子力・立地本部」の上層部が、下部組織である担当の「原子力設備管理部」の「判断」を「了承」! :