« 〔フクシマ・注目・情報サイト〕 ツイットニュース.BIZ | トップページ | 〔フクシマ・毎日新聞〕 08年に想定を超える津波の可能性を示す評価 東電本店は対策指示せず 「原子力・立地本部」の上層部が、下部組織である担当の「原子力設備管理部」の「判断」を「了承」!  »

2011-11-28

〔フクシマ・東京新聞〕 細野原発相 「中間」施設、(恒久的?)研究拠点に

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011112802000028.html

 ◇ ツイッター情報

 # Hikaru_Oyaji 光るオヤジ(脱原発に一票)

 それ「中間」って言わないよね? RT @genpatsu_news1: 原発相 中間施設、研究拠点に (東京新聞) http://dlvr.it/xy4Cz #genpatsu #fukushima 40分前

             ◇

  細野豪志原発事故担当相は二十七日のNHK番組で、東京電力福島第一原発事故に伴う放射性物質の除染で生じる土壌の中間貯蔵施設について「単なるごみ処理場ではなく、研究開発の拠点にもしたいと思っている」と述べた。

 中間貯蔵施設の具体的な設置場所は未定としつつ、汚染された土壌の洗浄を行ったり、セシウムを除去したりする技術の開発が不可欠と指摘、その拠点とする考えを説明した。同時に「雇用や研究の場所とし、さらに経済も回るような仕組みに組み入れられるようにしたい」と述べた。

 また政府内で検討を進めている警戒区域や計画的避難区域の解除に関連し、細野氏は「(高線量地域の)買い上げや借り上げも含め、長期的な対策が必要」と言及。事故収束に向けた工程表「ステップ2」の終了後、帰宅できる地域などについての考えを示すとした。

 具体的な地域については上下水道や医療施設、役場機能などインフラの整備状況も勘案して決めるとし、「線量が下がって帰宅してもらえる地域は相当ある。エリアを示し、安心して生活してもらえるような政策もパッケージで示さなければならない」と述べ、区域解除後の生活支援策を検討していることを明らかにした。

Posted by 大沼安史 at 10:27 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・東京新聞〕 細野原発相 「中間」施設、(恒久的?)研究拠点に: