« 〔フクシマ・田中龍作ジャーナル〕 警察が頭を抱える「普通の人たち」の飛び入りデモ | トップページ | 〔フクシマ・毎日新聞〕 東電 1~6号機の電源連結検討 震災前に (例によって)先送り »

2011-10-24

〔フクシマ・琉球新報・社説〕 福島全原発廃炉 危険性は全国民の問題だ(23日): 政府と東電のしたことはいわば「国策詐欺」である。

 → http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-183123-storytopic-11.html

 福島県議会が福島第1、第2原発の全原子炉10基の廃炉を求める請願を退席者5人を除く全出席者の賛成によって採択した。

 東京電力が廃炉を明らかにしているのは第1原発の1~4号機だけで、第1の5、6号機、第2原発の1~4号機については明確な方針を示していない。政府と東電は県議会の意向を尊重し、直ちに廃炉を決定すべきだ。

 残念なのは、両原発を抱える双葉郡選出議員を含む5人が採決の前に退席した点だ。「雇用問題に先が見えない中、今すぐ『廃炉』と言うと、避難住民が帰還する機会を奪ってしまうことになると考えた」とそのうちの1人は説明している。

 懸念は分からなくもないが、福島県民は原発の脅威を嫌というほど思い知らされた。事ここに至って、おびただしい量の放射性物質をまき散らす恐れのある施設の存続は論外だろう。

 事故を引き起こした東電には、今後長期間にわたり、原発で働いていた人々の雇用を確保する義務がある。その点を十分に自覚させることが大切だ。

 原発周辺住民の多くは「絶対安全」と主張する政府や東電の宣伝を信じ国策に協力した結果、住まいや生活の糧を奪われ、健康を脅かされている。政府と東電のしたことはいわば「国策詐欺」である。

 原発の危険は立地道県だけの問題ではない。ひとたび重大事故が起きれば、県境を飛び越えて広範囲に放射性物質が降り注ぐからだ。福島の事故では、東京でも局所的に放射線量の高い場所が生まれた。

 今後、原発の運転を再開するときは、数百キロ圏内の住民の同意取り付けを要件に加えるべきだ。多数の国民の生命や健康に影響が及ぶ決定を一部地域の判断に委ねる手法は容認し難い。

 国民一人一人が原発を自分自身の問題として考える必要がある。
 例えば原発の運転に伴い生成される猛毒のプルトニウム239は放射能が半分になる半減期が約2万4千年だ。気が遠くなるほど長い年月にわたり、どうやって核のごみを管理できるのか。原発に「絶対安全」はあり得ない。

 原発を抱える13道県議会で廃炉を求める請願が採択されたのは初めてだ。これを契機に「脱原発」の流れを全国で加速させたい。二度と「国策詐欺」の被害者を生み出してはならない。

 ◇ 大沼 社説とは本来、こういうものだ。犬の戯言(たわごと)ではない。

Posted by 大沼安史 at 07:46 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・琉球新報・社説〕 福島全原発廃炉 危険性は全国民の問題だ(23日): 政府と東電のしたことはいわば「国策詐欺」である。: