« 〔フクシマ・田中龍作ジャーナル 〕 NHK大本営発表ビルを背景に「原発終了のおしらせ」 ノボリがはためいた! | トップページ | 〔見えない雲・警報〕 本日(24日、月曜)は午前11時ごろ、先端が東京に到達する。茨城北部・埼玉ルート。気団は午後にかけて、そのまま西へ流れる。 »

2011-10-23

〔フクシマ・木下黄太さんのブログ〕 「人を受け入れる、ガレキは受け入れない」 「そして、死に至る除染」も受け入れてはならない

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/be00d1d1d57289bde90409ca8b7a6d0f

 ……さらに、もっと大切なことは、あなたが、今住んでいる市町村、都道府県に放射能ガレキを受け入れるなと、これこそ、直ちに、強く声を伝えてください。電話、メールだけでなく、直接押しかけて話してください。できれば、首長、できなければ担当責任者に伝えてください。放射能ガレキを拡散させ、あなたの街にガレキがくれば、あなたたちの子どもの未来も失いかねません。食べ物もまもれません。西日本が汚染されれば、東日本もさらに追い込まれます。ここの戦いはシビアです。

   ◇

 できもしないことを、できるかのごとく嘘を言い続けるやつらを僕は軽蔑します。何度も言いますが、除染は、福島のみならず、かなり広範囲なエリアで無理です。首都圏のような、コンクリートの建物で、土のない場所で、かなりの予算をかけて、時間もかけて、当然その間は、住民を退避させて、それでできるのかどうかさえ、はっきりしません。できてこれが限界です。関東のほとんどのエリアも、一定以上汚染されている場所の除染は不可能です。

 僕は本当ばかばかしくて、ばかばかしくて、この国の、政府も行政もメディアも、どこまでうそ話を続けるのか、それに拘ってい続ける人々の感覚もさっぱり僕には理解できません。

 どこまで、馬鹿ですか。なぜ、除染できるという妄想を信じるのか。頭がおかしいのです。そして、その除染は、利権まみれで汚れているのです。これも間違いありません。

 僕は、闘います。あなたは、どうしますか。

Posted by 大沼安史 at 01:03 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・木下黄太さんのブログ〕 「人を受け入れる、ガレキは受け入れない」 「そして、死に至る除染」も受け入れてはならない: