« 〔ファアウィンズ・ビデオ・NEWS〕 3号機 やはり核燃プールで核爆発 爆発で格納容器を損傷 水蒸気噴出 グンダーセン氏が映像解析 | トップページ | 〔フクシマ・現場・ツイッター〕 1号機の水素ガス抜き 来週火曜日くらい 明日、カバリング配管接続 ライブカメラで見てね »

2011-10-20

〔ガンバレ・南相馬・大山こういち市議〕 プルトニウム、ストロンチウムの調査を要求します

 → http://mak55.exblog.jp/14784107/

 南相馬議会            要望書          平成23年9月28日
議長 平田武殿                        市議 大山弘一

Bb5iw

 政務お疲れ様です。 さて 昨日9月議会も終わりましたが 緊急時避難準備区域解除前の市民への安全の担保、ならびに東電本賠償等の問題につきまして 要望申し上げます。

1、 9月議会の9月14日、大山一般質問に対し 国、県が行なわない31核種の調査と公表を 市民の安全のため速やかに 東大他の機関に「土壌における放射性核種の土壌調査を依頼する」旨 市長側答弁がありました。
市の対策本部は17日、経産省派遣係員名で 県と国の災害対策本部宛に 電子メールで要望しただけである事がわかりました。

  本意である「調査依頼」とは全く異なるものです。 少なくとも実行者と請負契約があって 初めて「調査依頼」と言えることは自明で 市民は落胆しています。 
あらためて 市の責任において国内外の研究所と契約し調査を依頼するよう 議会答弁の履行を求めていただきますようお願いいたします。
既にインターネット世代には共通認識でもある この危険核種と隠蔽体質に対する 不信感が 避難民の帰還を阻む 第一の理由になっております。
 

 さて今回は項目として「壊変後の31核種が今現在、どのような状態になっているか?」
また「ストロンチウム」及び「プルトニウム241」についても 検査を要求する。

 ◇(大沼) 大山さん、辛いだろうけど、がんばってください。みなさん、大山さんのこと、(口に出さなくとも、きっと)応援しています。

 大山さんの活動で、南相馬からの「避難開始の日」への道筋が、すでに刻まれているのだと思います。

 勝手ながら、私も大山さんの活動を、自分のブログで随時、紹介することで、応援させていただきます。

Posted by 大沼安史 at 03:21 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ガンバレ・南相馬・大山こういち市議〕 プルトニウム、ストロンチウムの調査を要求します: