« 〔フクシマ・NEWS〕 新潟市笹山浄水場 セシウム汚泥2000トン 「保管」へ キロあたり910ベクレル | トップページ | 〔大津波・言葉〕 平野達男震災復興担当相 18日 「私の高校の同級生みたいに逃げなかったバカなやつがいる。彼は亡くなったが、しょうがない」 »

2011-10-20

〔フクシマ・言葉〕 皇后陛下 「放射性物質の流出は周辺の海や地域を汚染し、影響下に暮らす人々の生活を大きく揺るがせました」「厳しい環境下,原発の現場で働かれる作業員を始めとし、今も様々な形で被災地の復旧,復興に力を尽くしておられる人々に深く感謝いたします」

 宮内庁発表 「お誕生日に際して」 → http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h23sk.html

 
 毎日新聞 「皇后さま77歳:被災者に平穏な日々再来するよう祈る」 → http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20111020k0000m040018000c.html

 (大沼) 気になる英文ご回答との「違い」

 ◇ 英文 In Fukushima, in particular, the disaster was compounded by the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, which resulted in the leakage of radioactive substances contaminating neighboring seas and regions, and seriously shaking the foundation of everyday life of the people living in the affected areas.

 ……to those working even now under extremely severe conditions at the nuclear plants, and to those who still continue to help in all forms and ways for the recovery and rebuilding at the disaster sites, I would like to offer my deepest gratitude.

 
 英文で皇后陛下は、

 ……and seriously shaking the foundation of everyday life of the people living in the affected areas.

 と、宮内庁記者会の質問にお答えになっている。

 皇后陛下は英語に堪能であらせられる。
 
 直訳すれば、「被曝地に生きる人々の日常生活の基盤を深刻に揺るがせた……」となる。

 これが日本語のご回答では、「影響下に暮らす人々の生活を大きく揺るがせました」となっている。

 もうひとつ。

 英文ご回答の

  to those working even now under extremely severe conditions at the nuclear plants, and to those who still continue to help in all forms and ways for the recovery and rebuilding at the disaster sites, I would like to offer my deepest gratitude.

 では、

 ……even now under extremely severe conditions at the nuclear plants

 「いまなお原発の極度に深刻な状態の下で」

 ――となっている。

 この箇所、日本語ご回答では「厳しい環境下、原発の現場で働かれる」となっている。

 この「違い」はどこから出て来たのだろう。

 霞が関のドジョウやドブネズミどもが宮内庁に圧力をかけ、皇后陛下の御言葉を勝手にトーンダウンさせていたとしたら問題だ。

 宮内庁記者会はこの「違い」の由来の解明にあたるべきだ。

 春に皇太子殿下がドイツを訪問され、メルケル首相と会談した時も、宮内庁はフクシマのフの字も話し合われなかったと記者ブリーフィングしたらしい。

 事実であれば、よろしくない。

Posted by 大沼安史 at 10:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・言葉〕 皇后陛下 「放射性物質の流出は周辺の海や地域を汚染し、影響下に暮らす人々の生活を大きく揺るがせました」「厳しい環境下,原発の現場で働かれる作業員を始めとし、今も様々な形で被災地の復旧,復興に力を尽くしておられる人々に深く感謝いたします」: