« 〔見えない雲・警報〕 本日(30日、日曜日)は未明に東海沖に抜けた気団の尾の部分が午前10時前後に東京、および関東平野北部を南に流れながら消滅。その空白に向かって今度は、午後から福島沖、茨城経由で東京・東部を通過する細長い気団が出現、その先端は午後3時前後にはるか紀伊半島先端部に達し、夕方には四国の徳島をうかがい、夜には瀬戸内の小豆島方面に。 さらに明日(月曜、31日)未明から朝にかけては、四国・徳島方面を直撃する。(以上、地上10メートル・レベル=赤で表示)  | トップページ | 〔フクシマ・記録〕 「福島の女たち」の座り込み ツイッター&写真 ・ 「青すぎる空。泣いてたら武藤類子さんや渡利の方に慰められ隊列へ、本当に申し訳ない、変革しよう」(園良太さん) »

2011-10-30

〔フクシマ・NEWS〕 「福島の女たちの座り込み」3日目 快晴! 手編みの毛糸の「人間の絆」 経産省包囲に成功! 公式HPまとめ記事 「私たちは決して諦めない!」

 → http://onna100nin.seesaa.net/

 2011年10月29日  「福島の女たち」無事終了!

 「原発いらない福島の女たち」 最終日・快晴。

 正午から、「デモ行進」が行われました。
 

080thumbnail2

 日比谷公園を出発した隊列は約1000名。

 「福島の女たち」を先頭に、「全国の女たち」が続き、

 それを支える「男性サポート隊、各地の支援部隊」という編成で、東京電力本社前~銀座数寄屋橋交差点~東京駅~常盤公園まで1時間のパレードでした。

 「わたしたちは、福島の女たちですー! 福島からやってきましたー!」の声に、沿道から、タクシーから、「がんばれよ~!!」の声援が飛びましたよ!

 第1陣がゴールしたあとも、第2陣、第3陣と、長い行列が続きました。
 
 ゴール地点で手を振りながら、
 お出迎えをしていると、涙があふれてきました。

 「こんなにもたくさんの人たちが、わたしたちと同じ願いを持って行進してくれている」

 その後、霞が関に戻って、指編み「毛糸ロープ」による経産省の取り囲みに挑戦。

161thumbnail2

 3日間かけて編んだロープは、見事、経産省の包囲に成功しました。

 ラストは、再び日比谷公園に戻ってフィナーレ集会。

 歌って、叫んで、泣いて、笑って、 そして、みんながつながって。

 素敵なエンディングでした。すばらしい一日でした。

 ここから、またスタートです。
 わたしたちのアクションは、原発をすべて廃炉にするまで終わりません。
 それまでは、決して諦めません。

 参加されたみなさん、本当にありがとうございます。
 応援くださったみなさん、本当にありがとうございます。

 今日は完全燃焼しました。詳しいご報告は、また追って。

 明日(30日からの「全国の女たち」の大成功をお祈りします。
 明日は、何やらすばらしいニュースが聞けるようです。
 楽しみです!

Posted by 大沼安史 at 08:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 「福島の女たちの座り込み」3日目 快晴! 手編みの毛糸の「人間の絆」 経産省包囲に成功! 公式HPまとめ記事 「私たちは決して諦めない!」: