« 〔フクシマ・ツイッター〕 10/22福島県民がジャーナリスト岩上安身氏に語った話:原子炉の1〜4号炉には皆が注意を払っているが、実は5、6号炉も危険な状態だ。日立の技術者が内々に収束のためにやって来る。2機とも、臨界に達していて、放射性ヨウ素131が、東京や岩手で検出されている。 | トップページ | 〔フクシマ・琉球新報・社説〕 福島全原発廃炉 危険性は全国民の問題だ(23日): 政府と東電のしたことはいわば「国策詐欺」である。 »

2011-10-24

〔フクシマ・田中龍作ジャーナル〕 警察が頭を抱える「普通の人たち」の飛び入りデモ

 → http://tanakaryusaku.jp/2011/10/0003072

 ……政府や東電が原発事故を無理やり収束に向かわせようとするほど、脱原発を求める普通の人たちは危機感を強める。22日のパレードには沿道からの飛び入り参加もあった。乳飲み児を抱いた父親、美大・デザイン学校のOG……。警察の想定外の“人種”が回を追うごとに増えている。

 美大・デザイン学校のOGグループは、『サヨナラ原発』と描いた横断幕を手にパレードの先頭に立った。メンバーの一人は「デモというと怖い感じがあるが、私たちが参加することで『しきい』を下げたかった」と微笑んだ。……

Posted by 大沼安史 at 07:40 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・田中龍作ジャーナル〕 警察が頭を抱える「普通の人たち」の飛び入りデモ: