« 〔フクシマ・東京新聞・社説〕 身近な汚染 油断せず監視続けよう(25日) | トップページ | 〔フクシマ・史料〕 3キロ圏内マイカー 一時帰宅 »

2011-10-25

〔フクシマ・NEWS〕 泊原発から32キロの小樽市 市長 防災「30キロ圏」の拡大要求

  1.  読売新聞 → http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20111025-OYT8T00020.htm

 内閣府原子力安全委員会が原子力防災対策の「緊急時防護措置準備区域(UPZ)」を原発から半径30キロに拡大する素案をまとめたことに関し、小樽市の中松義治市長は24日の定例記者会見で、「市民の安全安心を守るため、範囲に入れてもらわなくてはならない。後志町村会と連携をはかり、道や国に拡大を求めたい」と述べ、後志全体で一体となり、国や道に見直しを求める考えを示した。

 小樽市は泊原発から、近い地域で32キロ、市中心部だと約40キロ離れている。……

Posted by 大沼安史 at 09:04 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 泊原発から32キロの小樽市 市長 防災「30キロ圏」の拡大要求: