« 〔フクシマ・記録〕 10月22日 いわき市のいわきワシントンホテル 昼休みの「住民の方々との意見公開会」終了後 震災の3日前に赤ちゃんを出産した晴香さんは「保養(避難)の話が全く無い!」とのことで、意見交換会が終わってから、一緒に細野大臣のところに走っていき、直接訴えました…… | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 日本政府はいまだに フクシマの子どもたちの疎開避難を拒否し続けている! 福島の女たちの経産省交渉、英語版ユーチューブで全世界に拡散! »

2011-10-31

〔フクシマ・NEWS・拡散!〕 NHK「あさイチ」『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』 捏造データで世論誘導「やらせ安全宣言」疑惑が急浮上!  「マイニュース」が「測定機械が故障」暴露報道 NHK あわてて(?)「再分析」!

 (東海アマ管理人氏のツイッターによる情報!)

 ◇ マイニュース NHK『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』、デタラメデータで世論誘導&安全宣言 → http://www.mynewsjapan.com/reports/1515

 (太字強調 大沼)
  NHK『あさイチ』が10月17日、食卓の内部被ばく調査を放送。その結果は、福島の食材を食べる郡山市の一家でも被ばくゼロ、東京でも産地を気にしているか否かにかかわらず被ばく量に差は無かったとされる。

 ところが測定データを精査すると検出限界が示されておらず、天然放射性物質「カリウム40」のありえない値(1㍑あたり200~300ベクレル=水道水にミネラルウォーターの1千倍ものカリウムが入っていることになる)とセシウムによる被ばく量とを比べて安全の根拠とするなど、不審な点が多い。

 測定した研究者に取材すると、機械の故障等で正確なデータではなく再分析中とのこと。

 いい加減なデータで安全をPRしたNHKは質問状に対し返事をせず、NHKのサイト上からデータをこっそり消した。(消された測定データはPDFダウンロード可)

  ・サイト上から消された測定データ → http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/10/17/images/04.pdf

 このマイニュースのスクープを受けて、以下のような手厳しいNHK批判が出た。

 ◇ 私設原子力情報室 「NHK『あさイチの怪』」 → http://nucleus.asablo.jp/blog/2011/10/30/6178263

  NHK総合、朝の人気番組『あさイチ』で「放射能大丈夫?食卓まるごと調査」が放送されたのは10月17日のことです(私は、偶然だったのですが、リアルタイムで見ました)。
 

 福島の2家族を含む全国7家族の一週間分の食事に含まれている放射性セシウムの量を計測(方法は、毎食一人前ずつ多く作ってもらい、それを分析に回す陰膳(かげぜん)法)。結果的には、5家族で一週間の間に1回ずつ5~9ベクレル/kgが検出されたというものです。……

 「厳密な検査でも、一部の家庭で微量の放射性セシウムしか出なかった。福島でさえも」という、このレポートの反響は大きく、「これで安心して子供に食事を食べさせられる」といった声が上がりました。

ところが、一方で、「データが変だ」という声も広がりました。当ブログにも、『あさイチ』のデータに関するコメントを頂き、さっそく、NHKのホームページに上がっているデータを見直してみて、ビックリ。……

 まず第一の疑問は、7家族7日分=延べ49日分の食事を調べ、5日分から5~9ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されているのですが、5件ともセシウム134かセシウム137のいずれかしか出ていないのです。……

 もう一つの大きな疑問は天然に存在する放射性物質であるカリウム40の値です。延べ49日分のデータは、一日平均で250~470ベクレル/kgの間に入っています。しかし、通常、食品に含まれるカリウム40の濃度を見てみると……海草類などで高いものがありますが、食品全体を見れば200ベクレル/kgを越えるものはわずかしかありません。特に主食系の穀類では、ここに上げただけでなく、参考にした『家族で語る食卓の放射能汚染』のすべてのデータを見ても中華麺の99ベクレル/kgが最高で、100ベクレル/kgを越えるものはありません。
 ところが、『あさイチ』のデータは、49日分すべてが、一日の平均で250ベクレル/kgを越えているのです。

 番組では、水(おそらく飲料水)と米だけのカリウム40のデータも取っていますが、これらも考えられないような高い数値になっています。

 ところが、測定を担当した首都大学東京の福士政広教授もNHKも、「精度の高いゲルマニウム半導体検出器を用い、通常よりも時間をかけて綿密に調べた」と自信満々でした。
しかし、まず不思議なのが、専門家中の専門家であるはずの福士教授が、「セシウム137とセシウム134が一緒に出ない」「カリウム40の値が高すぎる」と疑問に思わなかったのでしょうか?NHKもNHKで、多くのスタッフが関わっているはずなのに、誰一人としてその疑問を持たなかったのでしょうか?

 あるジャーナリスト(上記、マイニュース 植田武智記者)が、福士研究室に尋ねたところ、「機械の故障等で正確なデータではなく再分析中」という、とんでもない返事が返ってきたようです。故障した機械で取ったデータを全国放送に流すか!それも自信満々で。この記事を見た時、手が震えるような怒りをおぼえました。

 (大沼 こう放送しておきながら、あまりの「反響」――批判、避難の大きさに、NHKは番組サイト(HP)上で、「再分析」を行っていると、放送内容の誤りを事実上、認めている)

 ★ NHK 「あさイチ」HP → http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/10/17/01.html

   そこにこう記されている。(太字強調)は大沼

 ……番組で行った『食卓まるごと調査』について、視聴者の皆様から多くの反響をいただきました。
 その中で、データの精度についてのご指摘もありました。
 そこで現在、調査を担当した首都大学東京と、外部分析機関の協力を得て、データの再検討を行っています。結果が出次第、改めてホームページで公表いたします。

              ◇

 ・ 大沼 「私設原子力情報室」では、「番組が大きな反響だったことを考えれば、もし、異なる結果が出た場合は、ホームページでの公表だけでは許されないでしょう。『あさイチ』で再度特集し、正しい情報を伝え直すのが報道機関の役目であり、責任だと考えます」と指摘しているが、同感である。

 番組を見た方の多くが「放射能、大丈夫なんだ」「子どもに食べさせても安全なんだ」と思ったはず。

 捏造は許されない。刑事責任さえ問われるべきことである。

 事実経過しだいでは、NHKの上層部に対する刑事責任の追及もありうるのではないか!

Posted by 大沼安史 at 04:57 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS・拡散!〕 NHK「あさイチ」『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』 捏造データで世論誘導「やらせ安全宣言」疑惑が急浮上!  「マイニュース」が「測定機械が故障」暴露報道 NHK あわてて(?)「再分析」!: