« 〔フクシマ・言葉〕 ドイツのウルフ大統領 「大震災は想定外のことを考えなければならないことを示した。事故リスクを引き受ける用意があるのか。難しい決定をどの社会もしなければならない」 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 宮城・丸森町の2小学区で甲状腺検査 »

2011-10-26

〔フクシマ・NEWS〕 原発事故時、ヨウ素剤服用の助言900人に届かず

 朝日新聞 → http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY201110250743.html

 ◆ 参考 この件では、原子力安全委員会が「服用」を意見具申の‘証拠’の手書きメモをHPで開示している。

 → http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/09/post-6eec.html

 ◎「紙がない」と保安院が反論!

 ……安全委などによると、1号機で爆発が起こった翌日の3月13日未明、安全委は、東京都内にある政府の緊急災害対策本部(原子力災害対策本部)に電話で助言。ファクスで2回ほどやりとりした。安全委の助言組織メンバーの鈴木元・国際医療福祉大クリニック院長は「体表面汚染が1万cpm(体の表面にくっついた放射性物質から1分間に出る放射線の数を測った数値)以上の住民は服用した方がいいというコメントを2、3回送った」と話す。

 13日朝、現地対策本部が自治体に出す予定の指示案を安全委にファクスしてきたが、安定ヨウ素剤の服用には触れていなかったため再度助言した。安全委が公開した現地対策本部の指示案には、手書きで一定の計測値を超えた場合「除染及び安定ヨウ素剤の服用」を実施すること、と安全委が追加で記入している。

 安全委の都筑秀明管理環境課長は「コメントを加えた指示案はファクスで中央の対策本部に駐在していた安全委職員にまず送られ、対策本部の医療班に渡された。職員に聞き取り調査して確認した」と断言する。

 しかし、政府対策本部の松岡建志・経済産業省原子力安全・保安院原子力防災課長は安全委の作業部会で「当時の医療班や放射線班の人間にも確認したが、(安全委の)紙自体が確認できていない」と反論している。

Posted by 大沼安史 at 09:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 原発事故時、ヨウ素剤服用の助言900人に届かず: