« 〔フクシマ・NEWS〕 日本政府 (今ごろ) 在ウクライナ大使館拡充 チェルノブイリ情報収集 | トップページ | 〔フクシマ・みなさまのNHK〕 「福島 チェルノブイリの視察へ」 今後の「除染」対策などに役立てよう――とゴ報道! »

2011-10-31

〔フクシマ・NEWS〕 30日 福島市で脱原発集会

 ◇ 毎日新聞 → http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111031ddm041040110000c.html

  ……「なくせ原発! 安心して住み続けられる福島を! 10・30大集会inふくしま」が30日、福島市内の公園で開かれた。佐藤栄佐久前知事や保守系首長らが共産党の志位和夫委員長と同席する異色の顔ぶれとなり、約1万人が参加した(主催者発表)。

  佐藤前知事:「福島がこんなことになるなんて悪夢を見ているようだ。(原発がある)双葉郡の住民を棄民にしてはいけない」

 ◇ 福島民友 「完全賠償求めデモ行進 福島で1万人が脱原発訴え」 → http://www.minyu-net.com/news/news/1031/news11.html

 ……被災自治体代表として馬場有浪江町長、菅野典雄飯舘村長も参加、被災地の現状や、除染の徹底などを求めた。

 志位和夫共産党委員長、石原洋三郎衆院議員、金子恵美参院議員、庄條徳一JA福島中央会長、佐藤栄佐久前知事らがそれぞれあいさつ。原発事故の完全賠償や、原発の廃炉、放射能から子どもたちを守ることなどを求めた集会アピールを採択した。

 ◇ しんぶん赤旗 → http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-10-31/2011103101_01_1.html

 「なくせ!原発 安心して住み続けられる福島を! 10・30大集会インふくしま」が30日、木々が色づき始めた福島市の「四季の里」で開かれました。実行委員会が「参加者は1万人を超えました」と発表すると、歓声があがり拍手がおきました。こわされたふるさとでの平穏なくらしを返せ、政府と東電は責任を取れと、「オール福島」の意思を訴える、原発事故後最大の集会となりました。
 ……
 福島県農協中央会会長の庄條德一氏、浪江町長の馬場有(たもつ)氏、飯舘村長の菅野典雄氏、福島県前知事の佐藤栄佐久氏があいついで登壇。発言のたびに拍手、「そうだ」のかけ声がとびました。馬場町長は、「本当に、悲しいです。悔しい。浪江町民2万1000人が県内や全国に避難している。そんな状況をつくったのは誰だ! 東京電力です。国策として進めてきた国にも責任があります」と訴えました。

 日本共産党の志位和夫委員長があいさつし、「この集会の大きな成功を力に、さらに世論と運動をひろげ、原発にしがみつく勢力を追い詰め、包囲しましょう。安心して住み続けられる福島、原発ゼロの日本をつくるために、頑張りましょう」と呼びかけました。

Posted by 大沼安史 at 10:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 30日 福島市で脱原発集会: