« 〔フクシマ・NEWS〕 「悪魔と手を結び」原発を故郷に、木川田・東電元社長 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 福島県の農協 東電に第6次請求 35億円 梨の価格下落分も »

2011-10-21

〔フクシマ・NEWS〕 避難30キロ圏拡大 計画「ある」 4市町のみ 毎日新聞がアンケート調査 離島はどうする? 40万人の受け入れ先は?

 → http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111021ddm041010107000c.html

 原発事故時の避難検討範囲を半径30キロ圏に広げる国の防災指針案について、毎日新聞が20日、対象自治体に事故を想定した避難計画の有無を尋ねたところ、回答を得た79市町村のうち、「ある」と答えたのは4市町のみ。「避難先や移動手段を確保できるのか」など課題は山積している。

 島根県安来市は「周辺地域を合わせ30万~40万人が避難することになる。受け入れてくれる自治体があるのか」と懸念する。

 石川県宝達志水町は「1万人以上の住民を移動させることになるかもしれないが、町保有のバスでは輸送能力が足りない」と悩む。また、多くの離島に住民が暮らす長崎県平戸市は「避難の経路や手段の確保が難しい」と、切実だ。

 国内最多の原発14基が立地する福井県の市民団体「サヨナラ原発福井ネットワーク」の山崎隆敏代表(62)は「福島第1原発では30キロ圏外のホットスポットがたくさん報告されている。30キロに限定するのは、住民のことを考えていないからだ」と批判する。

 ◇ 「住民」が生活の場から「避難」する必要はない。「原発」を地域から「追放」すればいいだけだ。

   ニューヨークのショーラム原発は、ロードアイランド(島)からの避難ルートが限られていることを理由に、運転開始を前に「廃炉」となった!

Posted by 大沼安史 at 09:29 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 避難30キロ圏拡大 計画「ある」 4市町のみ 毎日新聞がアンケート調査 離島はどうする? 40万人の受け入れ先は?: