« 〔フクシマ・ツイッター〕 東電、自費で除汚した者には補償金を支給しないと通告。しかし社員に冬のボーナスを出す事を決定し賠償金が足りないからと1兆円の支援を国に要求。なぜ東電社員へボーナスを支給する為に我々の税金をくれてやらねばならないのか? | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 関電の「大飯原発」、コンピュターシミュレーション「ストレス・テスト」結果に批判続出 地元町長「アクセス道路整備のめどを明らかにせよ」 市民団体 「文書だけのチェック」 »

2011-10-30

〔フクシマ・NEWS〕 360キロのワイヤ束落下、作業員2人が重軽傷 あごなど5カ所を骨折 NHKは「けが」扱い!

 毎日新聞 → http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111029k0000e040048000c.html

 東京電力は29日、福島第1原発で1号機原子炉建屋カバーの設置に使った大型クレーンの撤去作業中、屋外につり上げられた台座に乗った鋼製ワイヤ(太さ2.8センチ、重さ360キロ)の束が7メートルの高さから落下し、協力企業の作業員2人がけがをしたと発表した。

 落下したのは午前8時半ごろ。42歳の男性はあごなど5カ所を骨折する重傷を負い、27歳の男性は打撲などの軽傷。2人とも意識はあり、放射性物質の付着はないという

 ◆ NHK 「ワイヤー落下2人けが」 → http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111029/t10013597551000.html

 東京電力福島第一原子力発電所で、1号機の原子炉建屋を覆うカバーの設置に使った機材を解体する作業中、台座に固定されていたワイヤーの束が落下し、作業員2人が骨折などのけがをして病院に搬送されました。

 (けが……ひらがなであることに注意!)

 東京電力によりますと、29日午前8時半ごろ、福島第一原発で、復旧作業で使ったクレーン車を解体する作業中に、台座に乗せて地上に降ろすためにつり上げていたクレーン車のワイヤーの束が落下しました。このワイヤーの束が作業員2人に当たり、40代の男性作業員があごや右腕など5か所を骨折してヘリコプターで福島市内の病院に搬送されたほか、20代の男性作業員も肩や首などを強く打って病院に搬送されています。……

 ◎ 大沼 たいへんな重傷事故ではないか! それを「けが」で済ませるNHK!

 

Posted by 大沼安史 at 09:31 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 360キロのワイヤ束落下、作業員2人が重軽傷 あごなど5カ所を骨折 NHKは「けが」扱い!: