« 〔フクシマ・NEWS〕 「大間原発」取り消し署名 5万筆近くに | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 川内原発3号機増設 原発交付金(電源立地等初期対策交付金 5億円)申請、公有水面埋め立てなどの手続き凍結の鹿児島県と薩摩川内市が見送りへ »

2011-10-20

〔フクシマ・信濃毎日・社説〕 原発輸出 日本の役割は別にある (20日)

 → http://www.shinmai.co.jp/news/20111020/KT111019ETI090003000.html

 枝野幸男経済産業相がトルコでの原発建設に強い意欲を示した。今後も原発の輸出を続ける日本政府の姿勢が鮮明になった。

 福島第1原発事故の収束作業や検証は道半ばにある。広範囲に飛び散った放射性物質による傷口がどこまで広がるのかも分からない。過酷な被害状況を目の当たりにしながら、自国の利益のために輸出は続けるというのでは、国際社会の信頼など得られるはずがない。

 日本の果たすべき役割は、未曽有の事故を教訓に原発へ依存する国々に警鐘を鳴らすことにある。同時に、自然エネルギー利用や省エネの技術開発を進め、普及させることだ。政府には、方針を見直すよう強く求める。

 ……野田首相は、原発輸出の前提として「安全性を世界最高水準に高める」とうたった。“安全神話”から覚めていないかのようだ。脱原発依存があやふやにならないよう注視しなければならない。

Posted by 大沼安史 at 09:40 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・信濃毎日・社説〕 原発輸出 日本の役割は別にある (20日):