« 〔フクシマ・東京新聞〕 国の情報隠し批判 東海村で「市民エネルギー研究所」の小泉好延さんが講演 | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 原発事故で国際緊急チーム検討 日仏が共同宣言 »

2011-10-24

〔フクシマ・東京新聞〕 福島第2 03年に扉耐水工事 効果なく冷却機能喪失

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011102402000028.html

 東京電力が二〇〇三年、津波に襲われることを想定し、海に面した福島第二原発の海水熱交換器建屋の防水性を強化する工事をしたのに、東日本大震災の際はほとんど役に立たなかったことが分かった。経済産業省原子力安全・保安院は、電力各社に防水性の強化など中長期対策を求めているが、小手先の対応では不十分との教訓になりそうだ。

 ……東電によると、〇三年になって「念のため」(広報)として、扉のすき間を埋めるゴム製部品を取り付ける対策を取った。

 しかし大震災では1~4号機すべての海水熱交換器建屋が浸水。建屋内に置かれた電源盤に海水がかぶったため、3号機を除き、海水をくみ上げるポンプと原子炉へ注水するポンプが停止した。炉内の熱を海に逃がすという重要な機能が失われ、復旧に三日かかった。

 その後の東電の調査で、建屋の扉やシャッターそのものが津波で壊れ、この程度の扉の防水性を高めた対応では役に立たなかったことが確認された。……

Posted by 大沼安史 at 08:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・東京新聞〕 福島第2 03年に扉耐水工事 効果なく冷却機能喪失: