« 〔フクシマ・NEWS〕 福島の子どもたちからの手紙 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 IAEAチーム 「除染」しないで「視察」だけ »

2011-10-10

〔フクシマ・NEWS〕 1号機 配管切断 格納容器内の高濃度放射性ガス ダダ漏れ放出か?! 接続する浄化装置は「年内にも設置」

 ◇ 共同通信 → http://www.47news.jp/47topics/e/220921.php

   東京電力は9日、福島第1原発1号機の格納容器につながる配管内にたまっていた水素を放出し、新たな浄化装置をつなげるため配管の切断作業を実施したと発表した。……

 東電はこの配管を通じて格納容器内のガスを吸い出し、放射性物質を除去する新たな浄化装置を年内にも設置する計画。

 ◇ 毎日新聞 → http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111010k0000m040049000c.html

   東京電力福島第1原発1号機の原子炉格納容器につながる配管から高濃度の水素が検出されている問題で、東電は9日、水素爆発の懸念はなくなったと発表した。

 窒素の注入作業を続けたことで、水素濃度が爆発の可能性がある4%を継続的に下回ったため。これを受け、東電は配管の切断作業を実施。今後、格納容器内の放射性物質をフィルターで除去する「格納容器ガス管理システム」の設置工事を本格化させる。

 ◇ NHK → http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111010/t10013155171000.html

   ……9日の夕方から配管の切断作業を行い、およそ5時間半後に2か所の切断を終えました。格納容器内の放射性物質を取り除く浄化装置の設置は、先月見直された、事故の収束に向けた工程表に新たに付け加えられた項目で、東京電力は、今後、浄化装置の設置を急ぎ、できるだけ早く装置を動かしたいとしています。

 ◇ 読売新聞 → http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111009-OYT1T00555.htm

   ……配管は本来、格納容器内に散水して冷やすためのもの。格納容器内の空気から放射性物質をフィルターで取り除く「ガス管理システム」を取り付けるため、切断準備を進めていた。ところが、内部で高濃度の水素を検出。切断時に爆発する恐れがあり、作業を延期していた。

 ◆ 核の地獄釜につながる切断部分から、死の灰ガスの環境ダダ漏れ状態が、浄化装置に接続されるまで続く、ということか?

 切断面を塞いだ、という報道(東電発表)はなかった……。

Posted by 大沼安史 at 08:41 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 1号機 配管切断 格納容器内の高濃度放射性ガス ダダ漏れ放出か?! 接続する浄化装置は「年内にも設置」: