« [フクシマ・NEWS] イヌHKが例によって「それでも原発は安いです」報道 原子力情報資料室の伴代表はどうして抗議の辞任をしないのだ! | トップページ | 〔見えない雲・警報〕 本日(26日)は終日、太平洋に流れる »

2011-10-25

[フクシマ・田中龍作ジャーナル] 首都圏の土壌汚染深刻 35地点でチェルノブイリと同レベル

 → http://tanakaryusaku.jp/2011/08/0002744

  「放射能雲が関東地方を襲った3月15日夕方以降、さいたま市、川口市では(外の)空気さえ吸ってはいけなかった」。こう語るのは埼玉県の中学校で理科教師をつとめる川根眞也さんだ。風が福島から関東方面に吹いたこの日、川根さんは放射能測定器で両市の放射線量を計った。

 「安全だ、心配ない」を繰り返す行政の発表やテレビの報道とは裏腹に関東地方は、やはり高濃度の放射性物質で汚染されていた。市民有志からなる「放射能防御プロジェクト」が首都圏150か所の土壌を測定したところ、35地点でチェルノブイリ原発事故の「一時移住区域」「希望移住区域」「放射線管理区域」と同じレベルのセシウム(合算値)が検出された。……

Posted by 大沼安史 at 08:25 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [フクシマ・田中龍作ジャーナル] 首都圏の土壌汚染深刻 35地点でチェルノブイリと同レベル: