« 〔フクシマ・毎日新聞〕 東電 1~6号機の電源連結検討 震災前に (例によって)先送り | トップページ | 〔フクシマ・東京新聞〕 福島第2 03年に扉耐水工事 効果なく冷却機能喪失 »

2011-10-24

〔フクシマ・東京新聞〕 国の情報隠し批判 東海村で「市民エネルギー研究所」の小泉好延さんが講演

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20111024/CK2011102402000064.html

 チェルノブイリ原発事故の被害地域を調査した経験を持つ市民団体「市民エネルギー研究所」(東京都)メンバーの小泉好延さん(72)が二十三日、東海村で講演し、福島第一原発事故後の国の情報隠しなどを批判した。

 今回の原発事故直後に、国は米軍なども通じて放射線量の詳細なデータを持っていたとの見方をし、すぐに地図などで示さなかったのは「半減期が早いヨウ素が消えるのを待っていた」と批判した。

 チェルノブイリでは、放射能汚染された物は現地に埋め、立ち入り禁止にしている。小泉さんは福島の汚染物質も「地域(福島)に置くしかない」とし、セシウムが十分の一に減るまでに「百年かかる」と事故の影響の大きさを指摘した。

Posted by 大沼安史 at 08:03 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・東京新聞〕 国の情報隠し批判 東海村で「市民エネルギー研究所」の小泉好延さんが講演: