« 〔フクシマ・NEWS〕 27日から11月5日 「福島の女たち」「全国の女たち」 10日間 経産省で「女子会」座り込み! | トップページ | [フクシマ・NEWS] イヌHKが例によって「それでも原発は安いです」報道 原子力情報資料室の伴代表はどうして抗議の辞任をしないのだ! »

2011-10-25

〔フクシマ・NEWS〕 小中学生の体内から少量のセシウム 福島・南相馬で検出

 朝日新聞 → http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY201110240656.html

  福島県南相馬市の市立総合病院は、9月下旬から検査した市内の小中学生の半数から少量の放射性セシウム137が検出されたことを明らかにした。事故直後に呼吸で取り込んだものか、事故後に飲食物を通じて取り続けたものか不明のため、病院の責任者は「定期的に調べて健康管理につなげたい」と話している。

 小中学生527人を最新の内部被曝(ひばく)測定装置で調べたところ、199人から体重1キロあたり10ベクレル未満、65人から同10~20ベクレル未満、3人から同20~30ベクレル未満、1人から同30~35ベクレル未満のセシウム137を検出した。

  セシウム137が半分になるまでは約30年かかるが、体からは便などとともに排出されるため、大人で100日程度、新陳代謝が高い小学校低学年生で30日程度で半分が出ていく。

 ◆ 30日で半分が出てゆく……? 事故後7カ月も経っている。子供たちがそこにいることが問題なのだ。「除染」より「避難」である。

Posted by 大沼安史 at 04:16 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 小中学生の体内から少量のセシウム 福島・南相馬で検出: