« 〔フクシマ・NEWS〕 南相馬市 大山こういち市議 児玉氏の医師倫理を問う | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 27日から11月5日 「福島の女たち」「全国の女たち」 10日間 経産省で「女子会」座り込み! »

2011-10-25

〔フクシマ・NEWS〕 美浜の会 リーフレット 「福島原発事故がもたらした深刻な土壌汚染」 ◆ 渡利地区 4カ所でチェルノブイリ事故で最も厳しい「特別規制ゾーン」(1480kBq/m2 以上)に匹敵する土壌汚染を確認!

 → http://www.jca.apc.org/mihama/News/news114/news114soilleaf.pdf

 リーフでは、7月8日時点での政府資料に基づいているが、チェルノブイリ事故の「移住の義務ゾーン」「移住の権利ゾーン」に相当する土壌汚染が、20km~30km 圏をはるかに超え、福島市や郡山市にまで拡がっていることが分かる。チェルノブイリ事故の基準をそのまま適用するのであれば、福島市や二本松市、郡山市といった県中通り地区の多くは住民避難の必要がある地域と認定されなければならない。

 その後、FoE Japan とフクロウの会は9月14 日に福島市渡利地区で土壌汚染の調査を実施した。その結果が10月4日に明らかになった。
 驚くべきことに、調査した5箇所のうち4箇所で、チェルノブイリ事故で最も厳しい「特別規制ゾーン」(1480kBq/m2 以上)に匹敵する土壌汚染が確認されている。

 渡利地区では、従来から非常に高い空間線量率が確認されており、渡利地区の住民は避難を求めて声をあげ始めている。しかし、原子力災害現地対策本部や福島県による詳細調査は線量測定だけで、土壌汚染の状況は調べていない。国は深刻な渡利地区の土壌汚染の現状を踏まえ、渡利地区全体を避難地区として認定すべきだ。

 ……

 ◎ カラー印刷版(A3両面2つ折り)は、一部頒価50円。注文はFAXかメールで美浜の会まで。
 FAX:06-6367-6581 メール mihama@jca.apc.org

 美浜の会 → http://www.jca.apc.org/mihama/toppage3.htm

Posted by 大沼安史 at 04:00 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 美浜の会 リーフレット 「福島原発事故がもたらした深刻な土壌汚染」 ◆ 渡利地区 4カ所でチェルノブイリ事故で最も厳しい「特別規制ゾーン」(1480kBq/m2 以上)に匹敵する土壌汚染を確認!: