« 〔☆ フクシマ・ベルリン発・解説〕 在独のジャーナリスト、梶村太一郎さん 「ドイツ気象局 放射能汚染予測中止について」 | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター・解説〕 「東海アマ管理人」氏 この閃光は瞬間的な再臨界が起きたとしか思えない »

2011-08-02

〔フクシマ・NEWS〕 地震後、「閃光」が走った主排気筒付近で 最高濃度の放射能を検出 まさかチェレンコフの光(Cherenkov radiation )?

 本ブログ既報で7月31日午前4時14分(地震の20分後)にフクイチ・ライブ・カメラが「閃光」をとらえていた。

 1号機と2号機の間の陸側にある主排気筒を下から上へ、一条の光が瞬間的に立ち上がる様子が目視できる。
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=V16FRJ11ERQ&feature=player_embedded

 その同じ排気筒付近で、毎時10シーベルトという高い放射線量が観測され、東電は周辺を立ち入り禁止にした。これまで最高の検出値。
 産経新聞 ⇒
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110801/dst11080122410023-n1.htm

 何か異常な事態が進行しているのは間違いない。

 光……まさかチェレンコフの光?!

Posted by 大沼安史 at 07:14 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 地震後、「閃光」が走った主排気筒付近で 最高濃度の放射能を検出 まさかチェレンコフの光(Cherenkov radiation )?: