« 〔フクシマ・NEWS〕 軽井沢「原発移民」が急増中 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 交付金で原発後押し レベル7翌日「新設は増額」 »

2011-08-17

〔フクシマ・新聞コラム〕 中日春秋 「おにぎり」

 ⇒ http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2011081702000012.html?ref=rank
 
 三月十一日の大地震では、東京もかなり揺れた。エッセイストの石田千さんは、少し落ち着くと、なぜか米を炊いていたという

▼炊き上がるとおむすびを作った。無事の確認かたがた自転車で町内の友人や知人のところを回り、それを配った。<おむすびを食べてと渡して、いらないという人はいなかった。…お米さえあれば、なんとかなる。そう口にする人も、たくさんいた>と随筆に書いている(『望星』七月号)

▼多分、空腹というわけではなかったのだろう。でも、不安な時、おむすびを渡され、ホッとした、落ち着いたという感じはよく分かる。何せ「瑞穂(みずほ)の国」の民だ。米は無論、主食ではあるけれど、それだけではない、日本人にとって何か特別な存在のようにも思う。

 ……
 
▼今年も新米のシーズンが近づいているが、福島の原発事故で、放射能汚染の不安が影を落としている。<お米さえあれば>のお米だけに、心配だ。……

▼福島県内には汚染レベルが高く、政府が既に作付けを禁じた農地もある。<生きかはり死にかはりして打つ田かな>村上鬼城。代々、手塩にかけてきた田んぼを汚された農家の無念、いかばかりか

▼この上は、どこの新米も例外なく、「安全」の検査結果が出るよう、切に祈る。

(大沼) みだしの「おにぎり」は、大沼が勝手につけたものです。
 下の写真も、大沼の勝手です。

 この写真を見ると、泣けてしまう。「原発」も「原爆」もいらない、と思う。

 この子が持った「おにぎり」は、「核」を拒絶する、いのちの握り飯だ。

060808_220759

Posted by 大沼安史 at 08:48 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・新聞コラム〕 中日春秋 「おにぎり」: