« 〔フクシマ・ For the Record・発言〕 「深刻な事故を防げなかったことは大変問題があったと実感した」原子力安全・保安院の深野弘行院長 23日、福島県庁で | トップページ | 〔フクシマ・ NEWS〕 武田邦彦教授が報告 福島県の子ども(2歳児) 急性リンパ性白血病 数ヵ月前「遺伝子損傷」と診断された! »

2011-08-24

〔フクシマ・ NEWS〕 政府が「子ども被曝強制」を撤回 「学校の毎時3・8マイクロ・シーベルト基準廃止」へ 責任者の処罰と賠償を求める

 読売新聞 ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110823-OYT1T01169.htm?from=tw

 政府は、学校での屋外活動を制限する放射線量としてきた毎時3・8マイクロ・シーベルトの基準を廃止し、今後は同1マイクロ・シーベルトを目安に校庭などの除染を進める方針を固めた。

 基準線量が高すぎるとの批判や、福島県内外で独自に除染が進められている状況を受けたもので、事実上これまでの「安全値」を見直す形だ。文部科学省は、子供が学校で受ける積算線量を年間1ミリ・シーベルト(1000マイクロ・シーベルト)以下に抑えることを目指し、除染費用を支援する。

Posted by 大沼安史 at 09:41 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ NEWS〕 政府が「子ども被曝強制」を撤回 「学校の毎時3・8マイクロ・シーベルト基準廃止」へ 責任者の処罰と賠償を求める: