« 〔☆ フクシマ・ NEWS〕 「大津波」は想定内! 東電 遡上高(津波)「15.7メートル」を2008年に想定! 「波高」混同トリックを読売記者が見破る | トップページ | 〔★ フクシマ・NEWS〕 放射性セシウム なんとヒロシマ原爆 168・5発分! »

2011-08-25

〔フクシマ・新聞社説〕 民主党代表選 どうする原発 将来像を明確に語れ(25日)

 毎日新聞 ⇒ http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110825k0000m070123000c.html

 菅直人首相は「脱原発」を唱えたが、政府としての方針にはならなかった。政府の公式見解は、エネルギー・環境会議が7月末に中間整理としてまとめた「減原発」だ。「段階的に原発への依存度を引き下げる」という方向は、評価できる。

 しかし、これは政策転換への出発点に過ぎない。中間整理は、再生可能エネルギーを普及させつつ電気料金を抑制する方策、使用済み核燃料を再処理して高速増殖炉などで再利用する「核燃料サイクル」の見直し、発電事業者と送配電事業者を分離する「発送電分離」の検討など、多くの課題を列挙したにとどまる。

 こうした課題への答えを盛り込んだ具体策は、来年夏にまとめることになっている。つまり、「減原発」に具体的な道筋をつける役割は、次期政権に委ねられたわけだ。

 しかし、それを受け止めるべき候補者からは、そうした課題に取り組む決意も熱意も伝わってこない。

Posted by 大沼安史 at 08:32 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・新聞社説〕 民主党代表選 どうする原発 将来像を明確に語れ(25日):