« 〔☆ フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズが日本政府当局の「SPEEDi」データ非公開問題を追及報道 「涙の辞任」の小佐古教授 「必死になって繰り返し」公表を求める 首相の「トップアドバイザーら」がこれを無視 北へ逃げた浪江町の馬場町長 「これは殺人に等しい」 | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター〕 福島の子ども達を招いての楽しいキャンプが終わりました。お別れの時、見送る側も見送られる側もみんな泣きました。今の福島に帰りたくない、帰したくないからです。帰る間際不要なペットボトルを何本も集める子どもが大勢いました。親に自分が飲んだ安全なお水を飲ましてあげたいからだと言うのです。 »

2011-08-09

〔フクシマ・現場・ツイッター〕 それこそ世界メーカーも大学も研究者も科学者も入れた合弁会社を作って一つになって立ち向かわなきゃ勝てる相手じゃないと思うんだけどなぁ。

 「ハッピー」さん ⇒ http://twitter.com/#!/Happy20790

 ただいまっ(^O^)今日も暑かった~(>_<)1号機のSFP循環冷却システムの試験も無事終わりました。明日には運転開始の発表あるんじゃないかなぁ。作業員も被曝もたくさんだったけど、一歩づつ前に進まないと誰かがやらないとだからいけるとこまで頑張るよ。1時間前

 仕事は12日まででオイラ達は一段落。なんとか盆休みとれそうでし。盆明けの次のミッションも大変だけど、今は機材の準備してるとこです。でも1~3号機はここからが大変でまだまだ先が見えないんだ。とりあえずカバーリングまでは行けそうなんだけど…。

 昨日は東京で会議に行っててつぶやき出来なかった。その会議はこれからの計画についてだったんだけど、その中でビックリしたのが「東電は予算がないので少しでも安くしたいみたいなんで、今回の工事はここまでしか出来ない。」って案件がいくつもあった。えっ!? 予算がないって?

 今やってるの普通の工事じゃないよなぁ…。事故の収束対応じゃないの?ヘリコプター飛ばす予算がないから山岳救助は徒歩でってみたいな感じだよ。

 前にもつぶやいたけど、やっぱ東電は解散して送電分離して国が先頭に立って予算も作業員の給料も面倒みなきゃダメだよ。一般企業のやり方で今は工事してるもん。ある程度の工事は実績見て、メーカーが決まってるけどそれ以外は競合とかやってるし…。

 安かろう悪かろうじゃ済まないのに。それこそ世界メーカーも大学も研究者も科学者も入れた合弁会社を作って一つになって立ち向かわなきゃ勝てる相手じゃないと思うんだけどなぁ。こんなの続くとモチベーションも下がるしアイデアも出なくなるよ。

Posted by 大沼安史 at 09:01 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・現場・ツイッター〕 それこそ世界メーカーも大学も研究者も科学者も入れた合弁会社を作って一つになって立ち向かわなきゃ勝てる相手じゃないと思うんだけどなぁ。: