« 〔フクシマ・NEWS 〕 原爆ドームから「脱原発」のデモ行進 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 「安心して妊娠できない」 若者たちが仮装「脱原発」デモ »

2011-08-06

〔フクシマ・ノート〕 「ヒロシマ」の「3・11」

 「3・11」から始まった原発災害による被曝の日々が、ついに「8・6」を迎えた。

 この日、フクシマとヒロシマは、ひとつに重なった。

 ヒロシマの66年後に起きたフクシマは、ヒロシマの核廃絶の願いをフクシマの脱原発の祈りを含むものに変えた。

 菅直人首相は平和式典のあいさつで、これまでの原子力の「安全神話」を深く反省する、と言った。

 核兵器と核発電を区分する幻想は、ヒロシマとフクシマが重なったことで消えた。

 核発電はフクシマで、核兵器の正体をあらわにした。人々は原発難民として逃れ、逃げ場のない子どもたちは被曝の犠牲を強いられている。

 松井市長も「平和宣言」で言った。

 今なお続いている放射線の脅威は、被災者をはじめ多くの人々を不安に陥れ、原子力発電に対する国民の信頼を根底から崩してしまいました。

 そして、「核と人類は共存できない」との思いから脱原発を主張する人々、あるいは、原子力管理の一層の厳格化とともに、再生可能エネルギーの活用を訴える人々がいます……。

 「過ちは 繰返しませぬから」と刻まれた原爆死没者慰霊碑を前で、「核と人類は共存できない」とする「脱原発」の訴えは、亡くなったヒロシマのヒバクシャたちの祈りに迎えられた。

 ヒロシマとナガサキに続いて、フクシマが起きた。こんどは日本の国家権力の手で――「過ち」は繰り返された。

 フクシマとはその意味で、この国の国家権力のありようを問うものだ。
 フクシマを引き起こした、戦後の日本の国家権力のありように反省を迫るものだ。「安全神話」を深く反省する、だけは足りない。「安全神話」をつくった国家権力の在り方を変えねばならない。

 「国体神話」をつくり、国民を戦争に動員し、ヒロシマ・ナガサキの悲劇に行き着いた戦前の国家権力と、戦後の国家権力が実はひとつのものであることを確認しなければならない。

 私たちの日本の政治権力は統制の権力だった、その一点において、戦前・戦中・戦後は、ひとつにつながるものだった。

 「8・6」あるいは「8・9」、さらには「8・15」で変わらなければならなかったものが、ゾンビにように延命し、さらに横暴の限りを尽くして「3・11」に至った。

 「8・6」を迎えた「3・11」のフクシマで、私たちは変わらなければならない。ヒロシマの祈りの力を借りながら。

 ルモンドの東京特派員のフィリップ・ポンスさんは、ヒロシマの日を前にした5日、こんどこそ、国家と国民の社会契約が結ばれなければならないと書いていたが、その通りである。
 ⇒ http://www.lemonde.fr/idees/article/2011/08/05/d-hiroshima-a-fukushima-la-tragedie-du-nucleaire_1556522_3232.html#ens_id=1493262

 過ちを繰り返さない、ひとつの道は、ヒロシマとフクシマをひとつにつなぐ、「完全核廃絶」の道だろう。

 それは国家の統制を廃した、新たな社会契約の道――「3・11」から始まった、この国の、デモクラシーへと続く、新たな道のりである。

 被曝からの再建――ことしの「8・6」の祈りは、「フクシマ」の悲劇を生きている被災者への励ましであり、この国をつくりかえてゆく私たちへの呼びかけでもある。

Posted by 大沼安史 at 09:58 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ノート〕 「ヒロシマ」の「3・11」: