« 〔フクシマ・レクチャー・ビデオ〕 フランスの「クリラッド(CRIIRAD)」が日本向けに放射能測定方法の解説ビデオ(日本語字幕つき) | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 福島民友 避難解除は除染が条件 「準備区域」で安全委 »

2011-08-06

〔☆ フクシマ・資料〕 全訳(松元保昭氏) ジョー・ジャムブラン 「放射能:フクシマの子どもたちの未来」

 スペイン在住 童子丸開氏のサイトに全文掲載 ⇒ http://doujibar.ganriki.net/fukushima/Radiation-The_Future_Children_of_Fukushima.html

 「パレスチナ連帯・札幌」代表の松元保昭さんによる、次のGlobal Research誌記事の全文和訳。

 Radiation: The Future Children of Fukushima  by Joe Giambrone
 ⇒ http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=24611

 Global Research, May 3, 2011

 これは必読だ。フクシマの子どもたちの現在、未来を、5月初めの時点で正確に見通している。

 すべての核施設は有害な放射性微粒子を規則正しく、また常時排出し、あらゆる政府はそれが安全ではないと認めているという事実は明らかである。核のちから(原子力エネルギー)は、われわれの生活を維持するための汚染されていない耕作地がまだ充分残されている間に、撤廃されるべきである。

 厳密に道徳的な意味において、これらの無謀な施設は、数百万人の子どもたち、そしておそらく12000世代にわたってこれから生まれるであろう子どもたちを危険に曝す。放射能パワーを発生させることは、悲劇的な疾病のリスクへとわれわれを危険の只中に曝していることになる。これは、何百万人の人々の人権に対する紛れもない故意の暴力行為である。

 訳注も行き届いている。訳者の松元氏に、感謝! 

 なお、バロセロナ在住の童子丸開氏については、本ブログで6月 そのエッセイ、「放射能と日本人:小出博士「大人が放射能を引き受けよ」を巡って」を紹介している。これまた必読である。
 ⇒ http://doujibar.ganriki.net/fukushima/Japanese_and_radioactivity_KIDE.html

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/06/post-d899.html

Posted by 大沼安史 at 07:23 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔☆ フクシマ・資料〕 全訳(松元保昭氏) ジョー・ジャムブラン 「放射能:フクシマの子どもたちの未来」: