« 〔フクシマ・NEWS 〕 8・6 ヒロシマ 平和宣言 広島市長 松井 一實  | トップページ | 〔フクシマ・For the Record・言葉 〕 ヒロシマで被曝し、フクシマで原発被災者になった岡実さん(85歳) 「原発事故が起こるまでは、原発や放射能の危険性がどうなのかということは考えてもいなかった。原爆は瞬間的にエネルギーを使い、原発は少しずつ使うという違いはあるが、私にとって原発も原爆も同じなのではないかと感じるようになった」 »

2011-08-06

〔フクシマ・NEWS 〕 8・6 ヒロシマ 菅直人首相 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ

 ⇒ http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201108/06hiroshima.html

 本年三月十一日に発生した東日本大震災は、東京電力福島原子力発電所に極めて深刻な打撃を与えました。これにより発生した大規模かつ長期にわたる原発事故は、放射性物質の放出を引き起こし、我が国はもとより世界各国に大きな不安を与えました。

 政府は、この未曾有の事態を重く受け止め、事故の早期収束と健康被害の防止に向け、あらゆる方策を講じてまいりました。ここ広島からも、広島県や広島市、広島大学の関係者による放射線の測定や被ばく医療チームの派遣などの支援をいただきました。そうした結果、事態は着実に安定してきています。しかし、今なお多くの課題が残されており、今後とも全力をあげて取り組んでまいります。

 そして、我が国のエネルギー政策についても、白紙からの見直しを進めています。私は、原子力については、これまでの「安全神話」を深く反省し、事故原因の徹底的な検証と安全性確保のための抜本対策を講じるとともに、原発への依存度を引き下げ、「原発に依存しない社会」を目指していきます。

 今回の事故を、人類にとっての新たな教訓と受け止め、そこから学んだことを世界の人々や将来の世代に伝えていくこと、それが我々の責務であると考えています。

Posted by 大沼安史 at 08:17 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS 〕 8・6 ヒロシマ 菅直人首相 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ: