« 〔フクシマ・新聞コラム〕 北海道新聞 卓上四季 「廊下の奥」 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 「福島県民よりもお金が大切なんですか?」 福島の小中学生4人 「日本政府」を追及  »

2011-08-18

〔フクシマ・NEWS〕 北海道電力の役員から毎年「個人献金」を受けている北海道の高橋はるみ知事(元通産〔経産〕官僚)が「核発電族(Nukes)」の期待にこたえ、「営業運転」を「容認」 

 ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が18日、泊原発、営業運転再開―原発推進派のささやかな勝利(For Once, A Small Victory for Nukes)」という題の記事を掲げた。
 英文記事 ⇒ http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2011/08/17/for-once-a-small-victory-for-nukes/
 邦文記事 http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/08/18/%E6%B3%8A%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%80%81%E5%96%B6%E6%A5%AD%E9%81%8B%E8%BB%A2%E5%86%8D%E9%96%8B%E2%80%95%E5%8E%9F%E7%99%BA%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%B4%BE%E3%81%AE%E3%81%95%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA/

 英文記事の見出しの「Nukes」が気になる。(「原発推進派」は邦文記事の見出し)

 もともと核軍備を進めるタカ派とか核兵器そのものを指してた言葉が使われている。

 私の語感では「原発推進派」というより、「核発電族」といった感じだ。

 なぜ、そう思うか、というと、ウォールストリート・ジャーナルの記事が、やや皮肉な(あるいは蔑んだ、とでもいうべき)トーンで書かれているからだ。

 原発のあり方を論議する地方自治体首長の中で、高橋知事は原発に最も理解のある方かもしれない。同知事は、原子力発電の促進役であると同時に規制省庁でもある経産省の出身である。

経産省の承認は実は形式に過ぎなかった。定期検査のために1月に停止した泊原発を所有する北海道電力は実際には3月中旬から、定検の最終段階にあたる「調整運転」という形で電力を供給してきた。実は同原発は実質的にはフル稼働していた。これまでは、「営業運転」への政府からの承認がなかっただけのことである。

 Of all the local officials weighing in on the status of nuclear reactors, Ms. Takahashi may have been among the more sympathetic. She used to be an official at the Ministry of Economy, Trade and Industry, the government agency that has long been responsible for promoting — and regulating — the nuclear industry.

 One other reason why the METI rubber stamp may be little more than a formality: Hokkaido Electric Power Co., the operator of Tomari, which was shut in January for inspections, has actually been providing power from the plant since mid-March on what it calls a “test-run” basis. Effectively the plant has been operational, providing power to the grid at full capacity, lacking solely the official seal from the government for a status-change deeming it “operational.”

 わが盟友でかつて私と同じ北海道の地元紙で新聞記者をしていた小笠原信之が、そのブログで、東京新聞(特報面、17日付け)による、高橋はるみ知事と北海道電力の癒着ぶり追及報道を紹介していた。⇒ http://geocities.yahoo.co.jp/gl/nbsn001/

 ……さて、北電との関係。知事の資金管理団体「萌春会」には北電の役員が毎年、「個人献金」している。共産党道議の調べでは、04年・少なくとも17人から44万円/05年・同44万円/06年・16人から45万円/07年/ほぼ6年に同じ/08年・会長、社長ら10人から36万円/09年・10人から33万円。しかも、会長経験者は10万円、会長、社長は5万円、副社長は3万円などと役職に応じて額が決まっており、毎年、同じ時期にいっせいに献金している。

 なおかつ、この「萌春会」の会長が元北電会長で、北海道経済連合会(道経連)の会長も務めた南山英雄。道議会で「形を変えた事実上の企業献金」と追及もされたが、高橋知事は「それぞれ個人の立場でご支援をいただいている」と柳に風の答弁だったそうだ。……

Posted by 大沼安史 at 08:27 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 北海道電力の役員から毎年「個人献金」を受けている北海道の高橋はるみ知事(元通産〔経産〕官僚)が「核発電族(Nukes)」の期待にこたえ、「営業運転」を「容認」 :