« 〔フクシマ・NEWS〕 放射線副読本、全国の学校に配布 文科省決定、9月にも | トップページ | 〔フクシマ・For the Record・証言〕 東京大地震研究所教授・纐纈(こうけつ)一起さん 「その後、考慮した揺れの審査は行われましたが、2年近くたっても津波の審査は始まりませんでした」 »

2011-08-14

〔フクシマ・For the Record〕 朝日新聞が「責任逃れ」の社説

 朝日新聞(14日付)「終戦に思う―今、民主主義を鍛え直す」
 ⇒ http://www.asahi.com/paper/editorial20110814.html

 (周辺で「朝日」の購読を止める人が相次いでいる。こういう「社説」を平気で書く、傲慢と尊大さよ! )

「朝日」社説はこう書いている。
 

 経済産業省や電力会社は、地震国の真実に目を塞いだ。都合のいい情報は伝えるが不利なデータは隠す。さらにやらせ質問で世論を誘導。ウソを重ねた軍部の「大本営発表」顔負けだ。

 でも原子力村だけの責任か。

 朝日新聞が設けた「ニッポン前へ委員会」の神里(かみさと)達博委員(東大特任准教授)は原発事故の真因として「原子力について民主的な熟議を怠ってきた」とし、「閉鎖的な専門家システム」と「大半の国民の無関心」という共犯関係によって生じたと指摘している。

 国を守る力もエネルギーも必要な機能だ。しかし国民が自らの生命や財産まで官僚や専門家集団に委ね、ある時は傍観、ある時は狂奔した。この人任せと無責任が、度重なる失敗の根底にあるのではないか。

 ――まるで「無責任で人任せ」な、この民主主義社会の主人公である「国民」が悪いような書き方だ。

 ヒロシマの日の社説(「原爆投下と原発事故―核との共存から決別へ」)もそうだった。

 自分たちの責任を棚上げして、責任を民衆にかぶせる……
 教育学者の長田新さんの本の序の言葉をあげつらって、「平和利用」を推進して来た自分たちの罪を頬かむりしている。

 原発推進の旗を振って来た、自分たちこそ「地震国の真実に目を塞いだ。都合のいい情報は伝えるが不利なデータは隠」して来た「大本営発表」御用新聞だったではないか!

 健全で利害から独立したジャーナリズムが果たすべき責任と役割は重い。情報を官僚らに独占、操作させず、生命や資産が脅かされる可能性のある人全員が共有する。失敗の歴史を忘却せず使命を果たしてゆきたい。

 失敗の歴史を忘れてはいないが、反省せず、謝罪しもしない「不健全で利害にまみれたジャーナリズム」が引き受けるべき責任は大きい。

Posted by 大沼安史 at 08:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・For the Record〕 朝日新聞が「責任逃れ」の社説: