« 〔フクシマ・小出裕章さん・言葉〕 フクイチの廃炉 「いま生きている日本人は誰一人、その終わりを見ることはないのではないか」 | トップページ | 〔フクシマ・新聞コラム〕 東京新聞 「筆洗」(20日付) 「脱原発」を見極めた夏 »

2011-08-22

〔フクシマ・ツイッター・泊原発の実情〕 異変が起こり始めます。釣った魚がおかしい…子供の体調がどうもおかしい。「やっぱり原発だべか?…」そうこうしている内に、営業開始から5年、10年と経ち、最初は珍しかった奇形魚は普通に見かけるようになり、最近、ガンで亡くなる人が多いよな

 → http://togetter.com/li/176504
   http://twitter.com/#!/senna1994may1

 背に腹は変えられなかったというのが地元の本音です。当初は猛反対した漁師も沢山いました。しかし多額の見せ金につられて、一人、また一人と陥落して言ったのです。一度、あきらめる(原発を受け入れる)と気持ち的には、支えになるものは、ありません。

 確かに交付金や税収のお陰で潤っていきました。道路や建物は立派になり、原発御殿も見かけます。しかし本業の漁業は案の定、さらにダメになり(1号機運転開始時には風評被害もありました)、仕事を奪われた多くの地元の方は、原発関連の仕事位しか他に仕事はありません。おまけに給料も高いです。

 地元自治体では漁業からの税収はほとんど見込めず、交付金に頼らなければ破綻してしまう。そうやって、住民も自治体も原発との関係が切れなくなっていくのです。

 地元を擁護する訳ではありませんが、今まで漁師しかやった事ない人が、他にいきなり何の仕事ができますか?都会と違って職種も求人も地元にはほんの少ししかありません。家族と離れて都会か別の港に出稼ぎに行くか、地元で家族と一緒に暮らす代わりに原発の作業員となるか、村や町を捨て家族ごと新天地へ引っ越すか…この3択しか選ぶ道は無いのです。

 そうこうする内に2号機の話がやってきます。交付金も増えます。収入も福祉も確かに良くなって来てる=暮らしの質も上がると誰も反対はしなくなります。

 「原発が1機あるのも2機あるのもかわらんべさ。」こんな感じで、さらにズブズブの関係は深まり、関連雇用や経済効果(建設作業員向けの民宿、飲食店など)は周辺自治体にも波及して行きます。そうして豊かさを実感できるようになった頃に、異変が起こり始めます

 釣った魚がおかしい…子供の体調がどうもおかしい。「やっぱり原発だべか?…」そうこうしている内に、営業開始から5年、10年と経ち、最初は珍しかった奇形魚は普通に見かけるようになり、最近、ガンで亡くなる人が多いよな 

 そして奇形は、とうとう生まれてきた子供にまで見られるようになりました。(すみませんが個人情報に触れるので、これ以上の詳細とソースは明かせません)「やっぱり、原発が…」しかし、今更、原発そのものを無かった事にはできません。以前の海は戻って来ない。仕事はどうする?税収は?

 ……

 今回、僕が、いくつかの暴露と現地での事情の公開に踏み切ったのは、2つの理由からです。1つ目この泊原発周辺の諸事情というのは、北海道の原発に限定された話ではなく、全国の原発立地地域が抱えている共通の問題である事。そして、原発稼動停止、さらに廃炉後のビジョンが描けないと、地元はNOの声を上げる事が出来ない。そして、そのビジョンは地元だけでなく電気を供給される

 都市部も含めて共通の問題として認識、共有しあって描いていかないと解決が出来ない事。(電気をもらってばかりで問題や責任を全て地元に押し付けるなんて虫がよすぎます)

 二つ目に、日本は地震頻発国であり、一度福島のような大事故を起こしてしまうと、被害は原発周辺だけに収まらず、都市部も含めて共通の問題として認識、共有しあって描いていかないと解決が出来ない事。(電気をもらってばかりで問題や責任を全て地元に押し付けるなんて虫がよすぎます)二つ目に、日本は地震頻発国であり、一度福島のような大事故を起こしてしまうと、被害は原発周辺だけに収まらず、広範囲に放射線被害が起きてしまう、しかも汚染された土地が元に戻るには数百年、プルトニウムならば半永久的にと途方もない時間がかかる。

 この事も電気の供給元(立地地域)も供給先(都市部)も共通の問題であり、地元の都合だけで原発を動かす事も、都市部の事情だけで地方だけが原発のリスクの大半を背負ってはならない。そう思ったからです。都市部も田舎(原発立地地域)も同じ目線で問題を共有し考え行動していかないと、全国の原発を止める事は不可能と考えたからです。どうか地域の再生と自立できるまでのアドバイスと後方支援を電力会社に変わってお願いします。~終わり

Posted by 大沼安史 at 08:45 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ツイッター・泊原発の実情〕 異変が起こり始めます。釣った魚がおかしい…子供の体調がどうもおかしい。「やっぱり原発だべか?…」そうこうしている内に、営業開始から5年、10年と経ち、最初は珍しかった奇形魚は普通に見かけるようになり、最近、ガンで亡くなる人が多いよな: