« 〔フクシマ・東京新聞社説〕 東電賠償案 株主責任はどうする | トップページ | 〔フクシマ・現場・ツイッター〕 これから先の工事は政府が責任を持って人を集めるか国家公務員を注ぎ込むかしないと »

2011-07-28

〔フクシマ・NEWS〕 東京弁護士会がエネ庁「ネット言論封殺」事業の適正化を求める会長声明

 ⇒ http://www.toben.or.jp/message/seimei/post-253.html

 竹野内明会長、7月26日。

 そもそも何をもって「正確」・「適切」というかは一義的に明らかといえないところ、政府の計画している上記事業は、政府自身が情報の「正確」・「適切」性を判断して情報コントロールをすることを意図するものであると解さざるを得ず、これは、本来自由であるべき情報の流通に対する政府による過度の干渉にならないか極めて強い懸念がある。

 まして、本年3月に発生した福島第1原子力発電所の事故において、事故後数日で第1ないし第3号機にメルトダウンが発生していながら、その事実を東京電力及び政府が認めたのは2か月以上も経った後である。また、SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)で把握していた放射性物質の拡散予想につき、“社会的混乱”を理由にその公表を遅らせたのも政府自身である。

 原子力発電や放射線に関する政府のこのような情報隠しの実態を目の当たりにした現在、政府による情報の「正確」・「適切」性の判断をおしなべて信用することは到底できない。

 むしろ、原子力安全・保安院の会見に基づいて事故直後からメルトダウンの可能性を示唆していたのはインターネットメディアであり、また、放射線量の測定について公的機関の対応が遅れているのに対し、独自の測定結果の情報を提供してきたのもインターネットメディアである。
 これらのことを考えるとき、インターネット上に流通する情報を政府が監視することは、むしろ弊害の方が大きいと思わざるを得ない。

 (大沼)菅直人政権はエネ庁に中止するよう命じるべきだ。

Posted by 大沼安史 at 11:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 東京弁護士会がエネ庁「ネット言論封殺」事業の適正化を求める会長声明: