« 〔フクシマ・ツイッター・情報〕 放射能を消す微生物核転換 | トップページ | 〔フクシマ・ツイッター〕 森ゆうこ参議院議員 「粉ミルクの検査をしないのは、原乳を検査しているので大丈夫だからと説明する厚労省担当者に反論。お茶については、生茶葉、荒茶、製品について検査をしている。製品である粉ミルクも検査すべきだ。赤ちゃんが飲むものなのだからお茶よりも更に厳格にチェックすべきである」 »

2011-07-22

〔フクシマ・小出裕章さんの発言〕 どうすれば溶け落ちてしまった核燃料を取り出せるか? 東電と今の日本の政府というのは、今回の事故を起こした最大の責任者だし、最大の犯罪者なんですね

 非公式まとめ ⇒ http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/21/tanemaki-jul-20/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

 7月20日、MBS(毎日放送)ラジオ、「たね蒔きジャーナル」。

 廃炉というのは、核燃料を原子炉の中から取り出して初めて廃炉というのは出来るというのがこれまでの概念だったのですけれども。もう原子炉の中に炉心がないわけですし。どうすれば溶け落ちてしまった核燃料を取り出せるか、ということすらが全くわかりません。

 1979年にスリーマイル島というところで炉心が溶けたという事故があったのですが。その時は圧力容器そのものは壊れなかったのです。幸いにして。ですから原子炉の上の方から圧力容器の蓋を開けてみれば、溶けてはいたけれども、炉心はそこにあったのです。……ですから、取り出すこともできたんですけれども。

 東京電力と今の日本の政府というのは、今回の事故を起こした最大の責任者だし、最大の犯罪者なんですね。その2人がなんとか事故を小さく見せたいとして、今安定化であるとかロードマップを達成したとか言ってるわけですけれども。私から見ればちゃんちゃらおかしいし、そんなものを信用してはいけないと思います。

Posted by 大沼安史 at 10:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・小出裕章さんの発言〕 どうすれば溶け落ちてしまった核燃料を取り出せるか? 東電と今の日本の政府というのは、今回の事故を起こした最大の責任者だし、最大の犯罪者なんですね: