« 〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズ 14日付の紙面に菅直人「脱原発依存」明言を報道 枝野の「遠い将来の希望」工作も後の祭り 菅政権の国際マニフェストに! | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 東電最高幹部、山下教授ら張本人32名を刑事告発 田中龍作ジャーナル »

2011-07-15

〔書評〕 「世界が見た福島原発災害――海外メディアが報じる真実――」 北海道新聞(桂敬一さん) 図書新聞(米田綱路さん)

 拙著の「世界が見た福島原発災害――海外メディアが報じる真実――」(緑風出版、276頁、1700円+税)を、私の古巣の「北海道新聞」(7月3日付朝刊)と、書評紙の「図書新聞」(7月9日付)が取り上げてくれた。

 北海道新聞はジャーナリズム研究の第一人者である桂敬一さん、図書新聞はこれまた私の尊敬する米田綱路さん(大仏次郎賞受賞者)。こうした方々が評者になってくれただけで、著書たる私はもう舞い上がってしまう……。

 桂敬一さんの書評についた見出しは「産業力学と日本の敗北」。

 「情報格差の裏にこのような国際的な原発産業支配をめぐる力学が存在する」――私がほんとうに言いたかったことをよくぞ指摘してくださったと思う。

 書評家の米田綱路さんは、例によって徹底した読み込みで、私の本の全体像を再構成してくれた。「世界のメディアをとおして国内外の報道格差と日本の情報統制を暴く」
 そして「対抗メディアとして独立した報道を実践してみせた労作」だとも書いてくださった。

 おかげで、腰と肩の痛みが消え――ついで腎臓の機能まで回復した……ように思えるほど嬉しい。

__tn_05_24_0_convert_20110524110514

Posted by 大沼安史 at 01:43 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔書評〕 「世界が見た福島原発災害――海外メディアが報じる真実――」 北海道新聞(桂敬一さん) 図書新聞(米田綱路さん):