« 〔フクシマ・資料〕 原子力発電を考える石巻市民の会 動画・写真・資料集 | トップページ | 〔フクシマ・対話〕 大江健三郎さん(作家)と大石又七さん(第五福竜丸乗組員)との「核」をめぐる対話 「過去」の教訓生かされず »

2011-07-11

〔フクシマ・資料〕 テルル132など放射性物質 3月17~19日にシアトルに到達 19~20日にヨウ素131で最大検出

 米西海岸、シアトルにあるワシントン大学の研究チームが論文抄録。
 ⇒ http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21719167

 On 17-18 March 2011, we registered the first arrival of the airborne fission products (131)I, (132)I, (132)Te, (134)Cs, and (137)Cs in Seattle, WA, USA, by identifying their characteristic gamma rays using a germanium detector. We measured the evolution of the activities over a period of 23 days at the end of which the activities had mostly fallen below our detection limit. The highest detected activity from radionuclides attached to particulate matter amounted to 4.4 ± 1.3 mBq m(-3) of (131)I on 19-20 March.

 「Dr.ちゃしば」氏(⇒ http://twitter.com/#!/dr_chasiba)の情報

 「Dr.ちゃしば」氏の「論文集」に注目! ⇒ http://www.geocities.jp/nekoone2000v/pages/FukusimaDaiichi.html

Posted by 大沼安史 at 09:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・資料〕 テルル132など放射性物質 3月17~19日にシアトルに到達 19~20日にヨウ素131で最大検出: