« 〔フクシマ・NEWS〕 セシウム含む灰30トンが秋田県に…流山から列車で搬入 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 福島第1原発 : 食事被ばく量 25%増 厚労省試算 »

2011-07-12

〔フクシマ・言葉〕 小出裕章さん 「3月11日で世界は変わった」「もう全て汚れている。その中で生きなければならない」「いまやるべきは子どもを被曝から守ることです」

 7月11日 報道ステーション「原発 わたしはこう思う」 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=44Jc-fPlBOQ&feature=youtu.be

 私は3月11日に世界は変わったというぐらいに思います。日本中というか世界中がすでに福島の原子力発電所から噴き出して来た放射能で汚れてしまっているわけで、食べ物にしても水にしても、もう全て汚れている、ということですね。その中で生きなければならない。

 いま完璧に放射能から逃れることはできないのですけれど、今できること、そしてやるべきこととは子どもを被曝から守ることです。

 明るい未来はもう今は描くことはできないと思います。せめて少しでも全体の悲劇を減らすというための方策を、具体的な方策を考えることが必要なのです。

 (大沼) 菅直人よ、君の役目は「最小被曝社会」をつくることだ!

Posted by 大沼安史 at 06:14 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・言葉〕 小出裕章さん 「3月11日で世界は変わった」「もう全て汚れている。その中で生きなければならない」「いまやるべきは子どもを被曝から守ることです」: