« 〔フクシマ・NEWS〕 ホルヘ・ロレンソ選手も栃木モトGP出場を拒否 | トップページ | 〔ロスアラモス・NEWS〕 大気中からプルトニウム、アメリシウム、セシウムを検出 »

2011-07-19

〔フクシマ・NEWS〕 クリス・バスビー博士 「膨大な量の使用済み核燃料が上空に噴き上げられた」

 欧州放射線リスク委員会(ECRR)のクリス・バスビー博士は来日を前にこのほど、「平和哲学センター」の乗松聡子氏のインタビューに応じ、「フクシマ」が「チェルノブイリ」を超える最悪の原発災害であり、「フクシマ」発のプルトニウム汚染は世界規模で拡大していると指摘した。

 このインタビューは、「週刊金曜日」インタビュー(7月8日号)に掲載されている。⇒
  
 ⇒ http://4.bp.blogspot.com/-xbgK23E9ayE/TiB03I93mQI/AAAAAAAARYQ/xnCGqa0OoKw/s1600/%25E9%2580%25B1%25E9%2596%2593%25E9%2587%2591%25E6%259B%259C%25E6%2597%25A5%25E3%2583%2590%25E3%2582%25BA%25E3%2583%2593%25E3%2583%25BC.jpg

 英語原文はこちら ⇒ http://www.japanfocus.org/-Chris-Busby/3563

 バズビー博士は英語原文で以下のように発言している。

 要点はこうだ。

 ①「フクシマ」の3号機は核爆発だと考えている。

 ②「フクイチ」の爆発で、膨大な量の使用済み核燃料が上空に噴き上げられたと考えている。    
    ①In fact we now know that Chernobyl was a nuclear explosion; but there were also hydrogen explosions. The Reactor 3 explosion at Fukushima, I believe, was a nuclear explosion. Not that it makes a lot of difference in terms of fallout.
 
   ②……I believe that in the explosions at Fukushima Daiichi, huge amounts of spent fuel were blown sky high.

  ①はバズビー博士がこれまでの明らかにしていた見方だが、②の「膨大な量の使用済み核燃料が上空に噴き上げられた」は、少なくとも、博士の直截な発言としては、私の場合、初耳・初見である。

 (参考 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/05/post-e8ad.html )

 この部分、「週刊金曜日」の訳(これは乗松氏の訳ではない)では「福島の爆発では、大量の放射性物質が高空に放出されました」とあるが、まったくその通りで間違いないものの、ここはやはり「使用済み核燃料が上空に噴き上げられた」との博士の言明に注目すべきだろう。

 なぜか、と言えば、「3号機」の「使用済み核燃料プール」から、そこにあるべき使用済み核燃料のほとんどが、どこかに「消えた」疑惑が指摘されているからだ。⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/07/post-9b63.html

 これにバズビー博士の発言を重ね合わせると、新たに次の重大な疑惑が浮上する……

 3号機のプールの使用済み核燃は爆発で飛散したのではないか? 

 4号機のプールでも同じような起きたのではないか?

 1・2号機を含め、「使用済み核燃料プール」は、いったいどうなっているのだろう?

Posted by 大沼安史 at 11:15 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 クリス・バスビー博士 「膨大な量の使用済み核燃料が上空に噴き上げられた」: