« 〔フクシマ・怒・ツイッター〕 ニッポン「原子力村」ついに「集団ヒステリー」 お代官のアルカイエダさま 判断力「完全メルトダウン」 「フクシマ・メルトスルー」暴走止まらず なのに「原発安全対策 適切に実施」のお達し 「フクシマ」戦犯 居直る! 「瑞穂の国」を「放射能全面テロ攻撃」する気? | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 IAEA閣僚会議 「密室」開催に批判 米通信社「ブルームバーグ」 米情報自由法を使い公開請求  »

2011-06-19

〔フクシマ・NEWS〕  2号炉の建屋2重扉 本日(19日)午後8時ごろ、開放作業に着手 明日(20日)午前4時ごろ以降、「全開」状態へ 福島市など「風下」に 首都圏を守る放出タイミング?

 東電は「本日(19日)午後8時頃より明日午前4時頃にかけて、(2号機の)原子炉建屋内のダストが舞い上がらないよう、原子炉建屋の二重扉を開度調整しながら開放し、その後、全開とすることといたします」と発表した。

 5月8日の「1号機」に続いて「2号機」も「全開」状態になる!

 日本気象協会のピンポント予想によると、福島市の風向きは午後9時に「南東」とされている。福島市は「フクシマ」の風下になるわけだ。同市の20日午前零時以降の風向きは午前6時まで「南」、その後、またしても「南東」となる。⇒ http://tenki.jp/forecast/point-367.html

 ドイツ気象局の放射能雲拡散予報(日本時間は9時間プラス)によると、今夜以降、2日ほど、「フクシマ」発の放射能雲は基本的に北方向に向かうと予測されている。
 ⇒ http://www.dwd.de/wundk/spezial/Sonderbericht_loop.gif

 東京が風下にならないタイミングを見計らっての「全開」なのだろう。

Posted by 大沼安史 at 06:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕  2号炉の建屋2重扉 本日(19日)午後8時ごろ、開放作業に着手 明日(20日)午前4時ごろ以降、「全開」状態へ 福島市など「風下」に 首都圏を守る放出タイミング?: