« 〔フクシマ・ノート〕 米国の「80キロ圏」設定は「4号機プール」爆発に対する備え それを知っていながら、日本政府はなぜ、放置しているのか? | トップページ | 〔フクシマ・ソング〕 Visa Vid Vindens Ängar 緑の風が歌う歌 »

2011-06-05

〔フクシマ・NEWS〕 シアトル市民 1日 10個の「フクシマ」発放射性物質を呼吸で吸引

 下記、アーニー・グンターセンさんのインタビューの中で、気になる発言があるので書いておく。

 グンダーセンさんによると、米西海岸のシアトルの平均的な市民が、4月に1日当たり10個の「フクシマ」発の放射性物質(hot particle)を呼吸で吸引した、との研究結果が近く公表されるそうだ。つまりそれだけ体内被曝し、現在も被曝し続けているわけである。
 ⇒ http://www.chrismartenson.com/martensonreport/part-2-arnie-gundersen-interview-protecting-yourself-if-situation-worsens

 Arnie Gundersen: Well, I am in touch with some scientists now who have been monitoring the air on the West Coast and in Seattle for instance, in April, the average person in Seattle breathed in 10 hot particles a day.

 (聞き手)Chris Martenson: What? I did not know that.

 Arnie Gundersen: Well, the report takes some time to make its way into the literature. The average human being breathes about 10 meters a day of air, cubic meters of air. And the air out in the Seattle area are detecting, when they pull 10 cubic meters through them, this is in April now, so we are in the end of May so it is a better situation now. That air filter will have 10 hot particles on it.

 IAEAの原発事故賠償条約に加盟していなかった日本政府がいまさら慌てているのは、たぶん、癌発症による健康被害、あるいは癌発症に対する精神的な負担に対する賠償を集団訴訟で米国内の裁判所で提起されるのを恐れているからだ……。

 「トヨタ」どころの騒ぎでなくなる。
 日本政府というのは、なんというバカものなのだろう!

Posted by 大沼安史 at 03:01 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 シアトル市民 1日 10個の「フクシマ」発放射性物質を呼吸で吸引: